成人式では、大人になるという自覚を持つことができ、気持ちの変化があらわれる大きな節目として迎えることができますね。
成人式の大切さや、歴史にある成人式のしきたりを知ること、また感謝の気持ちを持つことでチャンスに恵まれる人生になっていきます。
そのわけをスピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

成人式の歴史と通過儀礼とは


出典:無料素材画像 AC写真

人生の節目を祝う儀式を通過儀礼といい、冠婚葬祭の冠にあたります。
歴史の中で冠は元服の儀であり、成人するという意味の儀式です。

奈良時代の元服の儀という通過儀礼が成人式の始まりといわれ、小正月(1月15日)に行われていたことから、現在では1月の第2月曜日が成人の日となりました。
奈良時代の元服の儀では、男子は12〜16歳で大人の髪型と服装に、また冠もつけました。
女子は平安時代から元服の儀が行われるようになり、13〜16歳前後に髪上げ(くしあげ)という大人の髪型にし、服装も変えお歯黒をして眉墨を書きました。

成人式が二十歳に行われるようになったのは1946年の第二次世界大戦のあとからです。
埼玉県の蕨市が戦後の大変な時代に若者を励まそうと青年祭を開きました。
その青年祭がしだいに広まり1949年には成人式として正式に制定されました。

成人式は新たな人生の門出

成人式は各自治体で新たな人生の門出を祝う式典が開かれます。
成人式は厳粛なもの、マナーを守り男性はスーツや羽織袴、女性は振り袖やワンピースなど正装を心がけましょう。
自治体の方々が時間をかけ準備し成人の門出を祝う式典には、感謝の気持ちを持ち出席できるといいですね。

式典の場や家族などで開かれる祝福の場を通過儀礼とし、大人になるという自覚持つことが大切です。
また、成人式を迎え、成人できた感謝の気持ちを両親や親戚などに伝えましょう。晴れ姿を見せることができれば喜ばれますね。

そして成人となる新たな門出は、心から今、自分が存在していることのありがたさを実感できる希望に満ちた日になるでしょう。

新たな人生のスタート、感謝の気持ちで始めれば、“必要なチャンスがやってくる!”


出典:無料素材画像 AC写真

成人の日を迎えるまでに様々な経験をし、嬉しいことだけではなく辛い心の葛藤や悲しさを味わうこともあったでしょう。
一般的な結果として自分の価値を決めるのではなく、人には一人一人の感情の範囲があり、辛いことに耐えられる度合いも人それぞれです。
成人の日を迎えるまでの経験は素晴らしいもの、今の自分に自信を持つこと、そのことに十分な経験を重ね日々過ごして来たと思ってくださいね。
そして、どのような経験にも感謝の気持ちを忘れないでください。

その自信は、大人になることの心構え、様々な感情を理解する心、感謝の心、自分の行動に責任と知識、これらを持つことができる新たな人生を踏み出す追い風となってくれるでしょう。
その追い風はエネルギーとなり、成人の日を過ぎても新たな人生を踏み出すときには勢いよく吹き宇宙に伝わります。
そして、宇宙エネルギーは、これからの新たな人生に必要なチャンスとなり送信されてきます。

感謝の気持ちと共に素晴らしい未来を歩んでくださいね。
未来はどんな形にも作ることができます。
宇宙との送受信はいつでも心強いパートナーとして存在してくれますよ。

スピリチュアルライフアドバイザー:KAORU

WRITTEN BY KAORU

KAORU
KAORU : スピリチュアルライフアドバイザー  スピリチュアル的なこと、シンプルライフスタイル...