ベジタリアンという選択のメリット


出典:無料素材画像 写真AC

ここ数年、ベジタリアンスタイルという選択が、エコロジカル・スピリチュアル・ヘルシーとして注目されています。
ハリウッドセレブやスポーツ選手など、世界で活躍する有名人もベジタリアンとして知られています。
なぜベジタリアンかといえば、植物性の食べ物は、環境不可が少なく、人間の肉体的にも健康的で、平和な心を創ると考えられているからです。
カタイ話しはさておいて、たしかにヘビーなお肉料理を減らすと、カラダが軽くなったり、気持ちも落ち着いてくるのは体験者なら知っていることです。

ベジタリアンは仙人への入り口!?


出典:無料素材画像 写真AC

目に見えないエネルギー、気などとも表現される「プラーナ」のみを取り込んで生きている、いわゆる「不食の人」は、最近特に話題ですが、もし人々がみなそうなったら、これはすごいことです。
そこまで行かずとも、神通力のある仙人ならなってみたいですよね。でも、そんなことが可能? と問われたら、実はある程度は可能です。例えば、神社の神職の方やお寺のお坊さんなど、大事な儀式やお勤めのときに、殺生や肉食を絶ち、精進料理で心身、魂の浄化を行っているのは一般的にも有名ですね。大地の力を取り入れた野菜や雑穀など植物性の食生活を行うことが、仙人に一歩近づく方法でもあります。
というわけで、仙人の手前、エコロジカル・スピリチュアル・ヘルシーなあり方のひとつとして、まずは動物を食べない日があってもよさそうです。大らかなベジタリアンスタイルや、週1ベジタリアンが習慣化したら、心身浄化される気分が味わえるかもしれません。





忙しい朝も素朴なベジスープを一杯


出典:無料素材画像 写真AC

それでは、毎月、季節の素材を用いてあなたの心・身体・魂までも元気にするような、ベジタリアンスープをご紹介したいと思います。
忙しい人も、スーブならつくりおきができますよね。ごはんやパンを添えたり、スープの中にごはんを入れて洋風おじやにしてもいいでしょう。
時間のない朝は、一杯の味噌スープだけでもいいんですよ。ただし、「ほぼ季節の素材で。添加物を使わず素朴に!」がお約束。ここに魔法の力が宿ると言ってもいいくらい。
今回は本格的な冬に向けて、全身の細胞にしみわたって潤う心地のする、コンソメスープです。
植物性オンリーなのに、しっかりと旨味が凝縮しています。

フノリは血液浄化、腸内コンディションの向上に。タマネギは血液浄化、血流促進、自律神経安定作用。キヌアは穀類ですが、必須アミノ酸9種を含みます。ローズマリーのロズマリン酸は活性酸素を除去し、シワシミ対策になる上、カルノシン酸が脳の活性化を促すと言われています。
塩が適量入っただしスープを飲み続けると、粘膜保護・細胞活性によいといわれています。

キヌアと海藻のハーブコンソメ

【材 料】
タマネギ           適量 薄い回し切り
ニンジン           適量 斜めに千切り
水              800ml
キヌア            大さじ1くらい
塩              小さじ1
フレッシュローズマリー 少々
生姜             ひとかけら(5g)
ニンニク               〃
昆布             5㎝〜10㎝くらいに切ったもの

【トッピング】
フノリ            ひとつまみ
ブロッコリースプラウト    少々

作り方(4人分)
① 厚手の鍋に大さじ1の水 (分量外)とタマネギ、塩ひとつまみ(分量外)を入れ、※ウォーターソテーし、にんじんも加えて炒める。
(※ウォーターソテーとは水炒めという調理する方法です)
② 水、キヌア・塩・ローズマリーと生姜・ニンニク・昆布を入れて10分ほど煮る。
③ 器につけてフノリとブロッコリースプラウトを飾る。





ワンネスフード研究家:タドジュンコ

WRITTEN BY タドジュンコ

タドジュンコ
【インフォーメーション】 ビオ・マガジン発行のヒーリング&スピリチュアルマガジン『anem...