「自己肯定感が低いんです」、
「自分にOKが出せないんです」
という言葉をよく耳にします。
そして、「自分に自信が持てないんです」に繋がっていきます。
今回は、「自己肯定感」を上げて、「自分に自信が持てる」ようになるコツを
ご紹介します。

「自己肯定感」とは、いろんな“私”を認めること


出典:無量画像素材 写真AC

少し前に、「ありの~ままの~♪」が流行りましたが、「自己肯定感」とは、「ありのままの私」を認めるということと言えます。
ただ、「ありのままの私」=「今のまま変わらなくてもいい」というのとは、少々異なります。
「ありのままの私を認める」とは、ご機嫌な私、不機嫌な私、頑張っている私、面倒くさがっている私、
イケてる私、イケてない私、強い私、弱い私……
と、様々な“私”がいることを、ただ、事実として認めるということです。

「私、こういう時にご機嫌になるんだなぁ~」
「私、こういうのに弱いんだよな~」
「私、本当は悔しい! って思っているんだな~」
「たまにはいじけちゃうこともあるよね~」
と、「今」の自分を批判やジャッジなどせず
ただただ、ありのままの“私”を見て、受け止めるということなんです。




2人の“私”が、タッグを組んでいると「自信」がついてくる

イメージとしては、1人2役で、作戦会議を行ったり、たまに愚痴を聞いてあげて慰めてあげたり、
一緒にカラオケで歌って発散したりする感じです。
そう、“私”が、“私”の一番の理解者で、応援者で、協力者で、親友、パートナーなど“心の友“になってあげるのです。
誰が何と言おうとも、“私”だけは、“私”を信じているし、力になる! と、決めて、実際にそのように自分に接することで、もう1人の“私”が、あなたのことを信用して安心することができるのです。
いろんなことにチャレンジしたり、失敗したり愚痴を吐いたり、自分を甘やかしたり、夢を描くことができるようになります。
これが、「自分を信じていること」=「自信」になります。

大きなことなんてしなくてもいいんです


出典:無量画像素材 写真AC

「自分に自信がない」、「自分なんて何もできない」
と感じている人の多くが
『何か社会が驚くような大きなことができないとダメ』
というような、思いがあるようです。
でも、雪崩は、小さな雪の塊を転がすだけで起こるってご存知ですか?
大きな波紋も、小さな1滴の水滴から起こります。
何も、特別な大きなことをしなくてもいいんです。
私たちは、ただ幸せに生きているだけで、知らず知らずのうちに、誰かを幸せにしていたりします。
いつもニコニコと幸せそうな人のそばにいるだけで、何だか幸せな気持ちになったことはありませんか?
たった1人でも笑顔にできたら、それだけでも素晴らしいと思うのです。
なぜなら、あなたが咲かせた笑顔は、また他の人を笑顔にして、どんどんと笑顔の花が広がっていくのですから。

だから、一番最初に、一番大切な“あなた”を幸せにしてあげてほしいのです。





スピリチュアルライフコーチ:涼木ゆかこ

WRITTEN BY 涼木 ゆかこ

涼木 ゆかこ
人生マップ無料公開鑑定致します。 申込みフォーム https://www.reservestoc...