本格的に寒くなってきましたね。寒さで気分も落ち込んでしまいがちですから、この月の誕生石の力を借りて、元気を分けてもらいましょう。今回紹介するのは、2つのストーンです。この石を持っていることで、あなたの体の調子を整えて、前向きな気持ちにさせてくれるでしょう。


出典:ぱくたそ

柑橘系のようなきれいな黄色の「シトリン」

このシトリンという名前の由来は、柑橘系の「シトラス」から来ています。そのため、このストーンの特徴はレモンのようなキレイな「黄色。石の成分によっては、薄いものから褐色に近いものまで様々。この石は古くから太陽とのつながりが深いと言われていて、沈んだ気持ちの中に「光を当ててくれると言われているようです。このシトリンが持っている効用は、色から連想できるように「財運アップ」、そして「仕事の効率上昇」になります。大きな額の買い物をするときや、新しい事業を始めようと考えている場合、手元にこのシトリンを置いてみてください。必要な場所に「活力をプラスしてくれて、仕事を順調に進めてくれます。ストレスがたまっているときにシトリンを持つと、「イライラを鎮めてくれるとも言われているようです。





ギリシャ語で「探し求める」という意味の「トパーズ」

このストーンは紀元前からずっと愛されてきた石で、古代エジプトや古代ローマからは「太陽神の象徴」として重宝されてきました。その言葉から、人々のお守りとしても大切にされてきたようです。このストーンは持った人に対して「勇気」や「自信」を持たせ、周りの人への思いやりが高まると言われていますよ。そのため、何か自分に対して足りないと感じている人はこのストーンを手元に置いておくといいでしょう。あなたの中の洞察力を高めてくれますから、視野も広がる効果もあると言われています。


出典:ぱくたそ

2つの誕生石に合うパワーストーンとは?

まず、シトリンの方ですが金運アップで有名な「タイガーアイ」がオススメ。あなたの決断力を高めてくれて、素早い行動を促してくれるでしょう。さらに、組み合わせると「リーダーシップ」を培うこともできると言われています。また、トパーズにオススメなのは「パール」。この2つを組み合わせて持つと、持ち主の魅力を高め、感情の波が激しくなることを調節してくれるでしょう。心に余裕を持つことができますので、周りへの気配りもできるようになると言われていますよ。

11月の誕生石は淡い色の石が多いのも特徴です。自分に合ったストーンを手元に置いておくことで、毎日が少しずつ充実していると感じられるでしょう。

<出典・参考文献>
・『パワーストーン 宝石の伝説と魔法の力』(草野巧著)2005・新紀元社
・『パワーストーンの教科書』(結城モイラ著)2015・新星出版社





占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...