秋といえば、読書や芸術、食欲の秋など楽しめることがたくさんある季節です。
その楽しみの一つに秋の夜長がありますね。
秋の夜長は楽しむだけではなく、夏の疲れを癒しエネルギーも充電できる大切な時間です。
ブレない美人は、秋の夜長を楽しみながら心身を癒し、思いを実現する方法を知っています。
その方法をスピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

【秋の夜長】とは?


出典:無料画像素材 写真AC

秋の夜長、秋の気配を感じる頃になるとよく耳にしますね。
デパートやレストランには、秋の夜長を楽しむためのお酒やスイーツ、秋限定のディナーにパジャマなども販売されています。
また、童謡の「虫の声」という歌の歌詞にも“秋の夜長を鳴き通す”とあり、秋の夜長を味わえる鈴虫や虫の声のCDも販売されています。
そんな秋の夜長とは、どのような意味があるのでしょうか。
秋は暦の上では、立秋から立冬前日までとされています。
(今年は 立秋2017年8月7日、立冬2017年11月7日)
秋の始まりは、まだ季節としては暑い夏です。
しかし、最も夜が短い夏至(2017年は6月21日)から最も夜が長くなる冬至(2017年は12月22日)の間に秋があり、私たちが秋の訪れを感じる時期は季節の中で一番夜が長くなります。
秋の夜長とは、秋の夜がとても長いと感じられることからいわれるようになりました。





【導きのメッセージが受取れる!】秋の夜長は月と過ごす

秋になると過ごしやすい季節になり食欲もでて、よく眠れますね。
その分、夏の疲れが出やすい季節でもあります。
秋の夜長は心身の疲れを取り除き、また癒せる気候なので好きなことをして過ごすといいですね。
例えば、美味しい季節の料理やお酒を楽しむ、音楽、映画鑑賞に読書、アロマキャンドルを焚いたお風呂にゆっくり入る、温かいお布団に入りぐっすり眠る、スポーツをして汗を流すなど過ごし方はたくさんあります。
そんな過ごし方の他に、一つオススメの秋の夜長の過ごし方があります。
それは秋の夜長を月と過ごすという方法です。
秋の夜空に輝く月と、その月を趣あるものと感じさせてくれる虫の声、そして残暑から解放され夏の疲れを癒してくれる涼しい風、そんな自然の起こりうる神秘の中に身をおいて全てを感じながら過ごしてみる、とても贅沢な夜ではないでしょうか。
贅沢な夜を過ごしながら物思いにふけってみれば、何かよい考えが浮かんだり、心配事や悩み事の解決の糸口がふと見えたりするときがあります。月を見ながら、ぼんやりとしてみるのもいいですよ。

輝く月からのエネルギーにより心身ともにリラックスしたときには、今自分に必要なヒントやアイディア、起こすべき行動をメッセージとして受取ることができます。
しぼんでいた心があったならば安心感と明るさで膨らみ、充実した心を持つことができているならば更なる飛躍へと輝きます。
どちらの心にも月のエネルギーは、進むべき方向へと導いてくれるのです。
秋は過ごしやすい季節でもあるため、思考力や行動力、集中力も高まります。
そして、心が元気で癒されれば体も元気でいることができます。
秋の自然の神秘を感じつつ、月からの導きのメッセージを受取りながら過ごす秋の夜長もよいものです。ぜひ体験してみてくださいね。

【月に願いを】思いを実現する


出典:無料画像素材 写真AC

秋の夜長を、リラックスした癒しの時間と自分の好きなことで過ごし、たくさんエネルギー充電し、ワクワクする未来を思い描いてみてくださいね。
そして、その時間を、ぜひ月と共に過ごしてください。
月と過ごした時間は、心と体のエネルギーがバランスよく整います。
また、その二つが強く繋がり一体化したときには、導かれるままに思い描く未来を実現することができるでしょう。
輝く月に見とれ、月と過ごしたいと願う気持ちは、月の明るさを引き立てるようにあった雲さえ消し去り、きっと素敵な秋の夜空と素敵な未来を見せてくれますよ。





WRITTEN BY KAORU

KAORU
KAORU : スピリチュアルライフアドバイザー  スピリチュアル的なこと、シンプルライフスタイル...