もうすぐ夏休み。夏季休暇をお盆休みと言いますね。
そのお盆をより豊かに過ごす心構えをお伝えいたします。

盂蘭盆会(うらぼんえ)の元はサンスクリット語から


出典:無料画像素材 写真AC

お盆とは「ご先祖様の霊を迎え入れて供養し、またお戻りいただく」儀礼のこと。
お盆の正式名称「盂蘭盆会(うらぼんえ)」はサンスクリット語の「ウラバンナ」から来ています。ウラバンナとは「逆さ吊り」の意。もともと仏教では、地獄に落ちると逆さ吊り刑などの苦しい刑を受けると伝えられてきました。

こんな話があります。お釈迦様の弟子、なんでも見通せる力をもつ目連尊者(もくれんそんじゃ)が餓鬼道に落ち苦しんでいる母親を見つけます。釈迦は目連に、修行を終えた僧侶たちにご馳走を振る舞い、供養するよう教えます。その教えにしたがったところ母親は無事に成仏できたと。これが盂蘭盆会の由来となりました。中国から仏教の教えとともに伝わった盂蘭盆会は、日本古来の信仰と融合していきます。精霊供養や先祖供養の儀礼はもともと神道がルーツなのです。それらは精霊棚や迎えと送りの意識、精霊流しや盆踊りとして現代に引き継がれています。





新暦でも旧暦でも変わらない先祖を偲ぶ心

お盆は元々旧暦の7月に行われていました。新暦に変わり7月に行う地域もありますが、旧暦に合わせて行うお盆を「旧盆」と呼んでいます。13日に迎え火を焚き14、15日にお経をあげて貰い、16日に送り火をたいて先祖の精霊を送ります。灯篭やお供え物を船に乗せて川や海に流す「精霊流し(灯篭流し)」を行う地域も。

ちなみに迎え火も送り火も「精霊が迷わず戻って来れるように、または帰って行けるように」と願いから。精霊棚もお供えも霊を偲ぶおもてなしの心から生まれています。暖かいですよね。

みなさん、心を込めて先祖の精霊をお迎えし、送り出してください。
このお盆期間をどんな気持ちで過ごすかって、実はとっても重要なのです。「有形無形の恩恵を受ける」という言葉があります。有形とは物やお金といった形のあるものを指し、無形とは形をもたないものを言います。恩恵とは目に見えない存在から与えられる慈しみのこと。無形を尊ぶとは精神、つまり神仏を大切にすることに繋がるのです。
目に見えない理を尊ぶとき、人は神や自然といった想像を超えた存在と共に歩み、導きを得る。生かされていることを知ること、それは足ることを知るに繋がります。

お盆には次元のゲートが開く

お盆は天国に梯子がかかる時期、とも地獄のふたが開く時期とも言われます。
これらが指すものは「次元のゲート」です。この次元のゲートが開くとき、私たちはある種の制限から解放されます。自分の肉体と魂のルーツを静かに見つめられる時なのです。どこに意識を向けるかで創造できる未来が変わっていきます。

有形を否定せず許容し、無形の精神世界を広げていきましょう。どうぞこのお盆は全ての存在に感謝の念をお贈り下さい。お墓参りも心を込めてどうぞ。





WRITTEN BY タカダ メグミ

タカダ メグミ
珈琲をこよなく愛するオンナ。 ボディからのリーディングを得意とする。「心と魂と体=三位一体」心(思...