ちりんちりんと、どこからか聞こえてくる涼やかな音色。

音を使って涼をとる、日本の夏の風物詩のひとつが「風鈴」ですよね。

風鈴の音色を聞くと……暑さもすっと引くような、心もさっと晴れるような、そんな気分になる。
風鈴には夏の暑さをすすぐ涼の風情を誘う効果があるのです。それだけではなく、風鈴には音で邪気を祓う効果もあるのです!

風鈴のルーツ



出典:無料画像素材 写真AC

もとは寺の軒下に飾られていた「風鐸(ふうたく)」がルーツだと言われています。風鐸は堂の屋根の四隅やく搭や搭の屋根から天に向かってたつ相輪にも吊るされています。風鐸は「魔除け・邪気除け」の道具。この風鐸の音が響く範囲は清浄の地であるとされてきました。はるか昔は風が災い(疫病や災難)を運んでくると信じられていました。風に乗ってくる災いを「音」で祓う道具が風鐸なのです。青銅や鉄でできており、カランカランと乾いた音が特徴です。何百年もたつものだと錆びて音が鳴らない風鐸もありますが、今なお祓いの音色を響かせてくれる風鐸もあります。風が強い日などお寺に行く際には耳を澄ませてみて下さい。カランカランと魔除けの音が聞こえてくるかもしれません。

いつからお家の軒下に風鈴を吊るすようになったのか定かではないそうですが……中国から仏教とともに伝わった風鐸は、平安時代になると貴族の間で広まり家に吊るすようになりました。その文化が民衆に広まり現在の風鈴のかたちになったと言われています。昔は日本でも梅雨から夏にかけて疫病などが流行り、多くの人が命を落としました。風にのってもたらされる厄を祓う、災い除けや魔除けのために飾った風鈴はいつしか暑気払いの風物詩として定着していきました。




神道での風鈴


神道では鈴の音に2つの意味があり、ひとつは「邪を祓う」音としてお参り時や神事の際に鈴を用います。もうひとつは「御霊をひきつける」音として。澄んだ音色で御霊(神霊)をひきつけ御神徳の昂揚を願います。「風は魔を運びもするが、想いを送ることもできる」その心は日本文化の伝統として綿々と息づいています。祓い清め、願いをおくる風鈴の音色。ちりんちりんと涼やかに澄んだ風鈴の音色に、この夏は願いを乗せてみませんか?

全国の風鈴祭り

さぁ、7月から9月にかけてお寺や神社で風鈴祭りが開催されます。
関東厄除け三大師で名高い川崎大師と西新井大師では7月中旬より境内で風鈴市が開催され、全国から集まった風鈴が所せましと飾られます。県や地域ごとに個性あふれた風鈴が並び、風を受けいっせいに鳴り響く風鈴たちの音のハーモニー様は圧巻!川崎大師では風鈴の御守り「開運厄除けダルマ風鈴守り」の限定授与が人気です。名前を入れてくれる開運ダルマ風鈴もありますよ。また縁結びで名高い川越氷川神社でも「縁結び風鈴」が今年も始まりました。風鈴回廊には2000個の江戸風鈴が並び、期間中は願いを込めた短冊がかけられますよ。全国の寺院でも風鈴祭りが開催されています。気になる神社仏閣をチェックしてみて下さいね!





WRITTEN BY タカダ メグミ

タカダ メグミ
珈琲をこよなく愛するオンナ。 ボディからのリーディングを得意とする。「心と魂と体=三位一体」心(思...