こんにちは。
らしさ&マネーデザイナーの難波響子です。
ファイナンシャル・プランナーとして300人以上のマネー相談を行って得た実体験をもとに、現在はお金と心のカウンセラーとして活動しています。

お金が好き!
お金持ちになりたい!

そう願う人は多いけれど、あなたは「お金」についてどのくらい知っているでしょうか?

お金も恋愛と同じ。
相思相愛になるには、相手のことをよく見て、知ることが大切です。

今回はぜひ、お財布の中からお金を取り出して手に取ってみながら読みすすめてみてくださいね。

お金をちゃんと見たことがありますか?


私は以前、知り合いの投資家の方から
「難波さん、お金の大きさって知ってる?」
と質問されて、とてもビックリした経験があります。

一万円札は
縦7.6cm、横16cm
五千円札は
縦7.6cm、横15㎝
千円札は
縦7.6㎝、横15㎝

ちなみに
1円の重さと1万円の重さはほぼ一緒。
1円の重さは約1g。
1万円札の重さも約1g。

「お金が欲しい」と思ったことはあれど、お金の大きさや重さについて考えたことなど1度もなかった自分にとって、この時のお話は衝撃的で、今でも鮮明に覚えています。

ここでお伝えしたいのは「お金の大きさを覚えよ」ということではもちろんなく(笑)、普段わたしたちは、お金が欲しい、欲しいと言いながらも、目の前にあるお金とちゃんと向き合っていないのではないか? ということです。

目の前のお金と向き合っていないからこそ、お財布の中に現金が入っていないのに、いつまでもクレジットカードで買い物をし続けたり

仕事を止めて収入がないのに「好きなことにお金を使えばお金が入ってくる」というところだけを真に受けて、やみくもにお金を使い続けることになったりするわけです。

現金生活で、お金を受け取る土台づくりを

では、お金と向き合うといっても具体的に何をすればいいのでしょうか。

まずおすすめは、クレジットカード払いをやめ、日々のお買い物を現金払いにすることです。

現金払いにすると実際にお金を手にすることはもちろん、お金を支払うときに沸き起こる感情と必然的に向き合わざるを得なくなります。

あぁ、お金がなくなる~と未練たっぷりにお金を使っているのか、これで大好きなものが手に入る! とワクワクしながらお金を使っているのか

自分がお金に対して抱いている感情と、しっかり向き合うことが大切です。

次に、お財布の中に10万円の新札を入れてみること。

新札がびっしりとお財布の中に揃っている姿は、見ているだけで気分があがりますし、古いお札を新札に変えるだけで、不思議と無駄遣いが減った、という方もいます。

また新札は、受け取る側にも喜んで受け取ってもらえることが多く、「お金を使う喜び」を実感しやすいのでオススメです。

お財布の中に入れる金額は10万円、と書きましたが、これはある程度まとまった金額のお金を持ち歩くと、
「こんな大金を持ち歩くなんて怖い」「誰かに盗まれたらどうしよう」(=大金を持つことは、不快なことだ)

といった、自分の中にあるお金への思い込みに気づくことができるからであり、20万円でも、30万円でも構いません。

銀行に預けている現金を一度すべて引き出してみる、という体験をしてみるのもいいでしょう。

現金こそが、金運アップの鍵!

お金が欲しい、欲しいと言っているのにお金が一向に入ってこないのは、このように、あなたがまだお金を受け取る心の準備ができていないだけかもしれません。

お金を受け取る土台づくりには、現金を実際に手で触れて、使ってみることが一番です。

「新月にお財布をフリフリする」
「金運の上がるお守りを身に付ける」

そういった方法ももちろんいいのですが、言うなれば、あなたが日々手にしている現金こそが、実は、あなたの金運をあげる一番のラッキーアイテム。

今、あなたの手元にあるお金たちとしっかり向き合って、あなたが持っている「お金を受け取る器」の大きさを、どんどん広げていきましょう。

WRITTEN BY 難波響子

難波響子
◆ファイナンシャル・プランナー兼スピリチュアルカウンセラー◆ お金のブロックを外し、より自分らしく...