結婚式を華やかにしたいなら要チェック! 会場の装花について


出典:無料画像素材写真AC

まずは飾る場所を決めましょう

式の雰囲気や、好みに合わせて装花を決めていきます。まず、飾ってある場所として候補に入るのは、新郎新婦が座る「高砂」という席。そして「ゲストテーブル」でしょう。細かい部分であれば、「ウエディングケーキ」のナイフや「受付」など。また、乾杯用のグラスに飾り付けるのもおしゃれですね。それだけ、装花というものは式を盛り上げる上で重要な部分になります。



人気な装花って何だろう?

一番人気は、やはり「バラ」のようです。花言葉も相まってよく使われています。また、「季節」関係なしに手に入ることからも、定番のお花と言われているのです。花の雰囲気からも、「気品あふれる」イメージが付いていることも理由の1つに挙げられます。
他にも、「カラー」という花も人気があります。白いシンプルな花ではありますが、「清楚さ」や「純粋さ」のイメージが強くあります。花言葉も「乙女のしとやかさ」というもの。まさに、花嫁にぴったりなのです。もしくは、「ユリ」や「ガーベラ」も人気の高い花ですから、参考にしてみてください。


出典:無料画像素材写真AC

自分の好みと季節を合わせるのもステキ!

自分の好みの花を使ったり、定番の花を使ったりするのも良いですが、日本だからこそ四季を意識するのもまたおすすめです。「春」なら、「チューリップ」などを使ってみましょう。ブーケにするも良いですし、ゲストテーブルにそっと添えておくのもキレイです。「夏」は「ひまわり」がオススメ。特に、夏場の結婚式でひまわりを使ったブーケは人気が高いです。「秋」は「ダリア」が良いでしょう。一輪が大きいので「存在感」があり、色味も秋めいた雰囲気が出せます。そして「冬」はクリスマスカラーで合わせやすい「ポインセチア」も良いですよ。このポインセチアに、クリスマスを印象付けるように「松ぼっくり」などを添えてもいいかも。



四季を感じる装いや自分の好みを表現できる場でもありますから、2人でしっかりと意見を出し合ってみてください。また、会場からも色々提案をしてくれますから、プランナーさんとも相談すると、より良い結婚式を上げることができますよ。ぜひ、納得のいく式を作りましょう!

占いコラムニスト:水守湊

 

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...