もしかして、私のアソコって緩くないかな……。

女性の脳裏にふと浮かんでしまう不安感。セックスの時、アソコが緩いと思われたらイヤ。

そんな思いから女子が密かに取り組んでしまう、膣圧トレーニング(膣トレ)について、絶対にハマらないほうが良い注意点をお伝えします。

gatag-00011462

膣トレ=骨盤底筋群を鍛えること

膣トレとは、骨盤底筋群を鍛えることです。
正しく行えば、尿漏れを改善したり、子宮脱を予防するのに効果的なトレーニングです。

それが膣圧も高めるということで、膣圧が気になる女性の間でまことしやかに囁かれているという訳です。

やり方は初心者向けから上級者向けまで色々あります。

まずはお尻の穴を締める簡単なものから、今度はお尻の穴は力を入れずに膣だけを締めるやり方とか、それに呼吸法を合わせたもの。
さらには膣に専用グッズを挿入して締める練習をする「膣トレグッズ」なども販売されています。

膣トレは、なぜここまで女性の関心を引くのでしょうか。

気持ちいいと思ってもらえているか不安

女性は、男性が膣の中をどのように感じているか分かりません。
そういった不安から、「私のアソコ、緩かったらどうしよう」と考えるようになってしまいます。

女性が性に対して興味があっても、積極的になれない理由の多くは、「傷つきたくない」「よく見られたい」といったところからです。
もしダメだと思われたら…、と躊躇してしまうわけです。
そこで「膣圧を上げよう!」という方向へ進んでしまうわけですが、では膣トレをして膣を締めれば、男性は本当に気持ちよいのでしょうか。また女性も気持ちよいのでしょうか。

思考を働かせて膣を締めても、女性はイケない

もしあなたが膣トレを真面目にやって、いざその成果を試すべくセックスをすることになっても、膣を締めることばかりに集中していたら、本当に気持ちの良いセックスは成立しません。

なぜかというと、膣を締めることに集中することは、日常の思考を捨てないことだからです。
日常と変わらない意識を保ちながらのセックス……考えただけでも楽しくなさそうですよね。
セックス中に膣が締まっているかどうかと考えていると、どんどんオーガズムから遠ざかってしまいます。

そして、あなたが気持ちよくなければ、男性もあまり気持ちよくありません。
なぜなら、女性が気持ちよくなると、膣は男性器を包み込むようにして優しく締まってくるものだからです。
それから、相手との一体感がなければ気持ちよくないのは言うまでもありません。
彼を満足させる一番の方法は、膣トレではなく、心を開いて一緒に気持ちよくなろうとする姿勢です。

膣トレをしたら、あとは考えるな! 感じろ!

それでも不安だからということで、膣トレをしたとします。そこまでは良いことにしましょう。

でも、セックス中は膣トレしたことを一切忘れてリラックスすることが大事です。
相手のことをちゃんと見て、自分のことも相手にちゃんと見せて、ありのままを感じ取りましょう。
気持ちよくなれば膣が締まるからといって、無理に「気持ちよくならなければ!」と思わないことです。
ただ相手を見る、素敵だなと思う、私の中に入っている、嬉しい、熱い、硬い、私を見てる、そういうことを受け止めましょう。

そうしたらきっと、あなたの膣もふわふわに締まってきますよ。

【元ソープ嬢の森川七樹と、元SM女王様の愛夜(あや)によるコラボイベント】
風俗座談会を開催致します!
風俗嬢の意見を聞いてみたい方、男女ともにご参加できます。ご興味のある方、ぜひご参加下さい。
日にち:2016日10月4日
時間:10時~15時(休憩1時間)

詳しくはこちら

WRITTEN BY 森川 七樹

森川 七樹
もりかわ なつき。 元ソープランドで働くソープ嬢。 また、10年以上の主婦経験もあり、家を守...