婚活パーティーやお見合いなどでいい感じになったら、次は食事に行くのが定番ですよね。

初対面ではわからなかったその人の内面や趣味など、いろんなことが見えてきます。

でも、当日を迎えるまでに相手への興味が失われることって、あるんですよね……。

数々の婚活を経験してきた婚活女史ユノが、ダメ婚活や婚活のお悩みをお話しましょう。


《お悩み》

Oさん  34歳

婚活パーティーでカップルになった男性と食事に行くことになりました。
彼が予約してくれたお店は、ちょっとオシャレなチェーン店の居酒屋でした。
どうやら、あまりお店には詳しくないみたいで……。
女性慣れしていない真面目なところは好感が持てるけど、もっといいお店に行きたいです!

4cd33c9f79c197d4b2b68da157861f7f_s
出展:無料写真素材 写真AC

ご相談ありがとうございます。

会社帰りのおじさんばかりの焼き鳥屋もイヤだけど……
オシャレ居酒屋はもっとイヤ!!

Oさんの気持ち、よーくわかります。

だけど、その男性は手抜きをしているわけじゃないんですよね。

女性と食事に行くという経験や、女性が喜びそうなお店を探すという経験が少ないだけなんです。

おそらく彼は、「こんなお店しか知らなくてごめんね」という感じではなく、ドヤ顔をしていたんじゃないでしょうか。

わたしも同じような経験があります。

友人からの紹介で知り合った男性と初めての食事。

「このお店、予約しました」と届いたメールを開いてみると、チェーン店のダイニングレストランでした。

「わたし、このお店で合コン何回したかな?」と、ここ10年くらい前の思い出がよみがえりました。

だけど、婚活女子のみなさんには、少しだけ大目に見てあげてほしいんです。

テレビの情報番組やグルメサイトがこんなにたくさんある時代に、このお店しか見つけられないなんて……という、その男性のリサーチ能力や好奇心、センスなどの限界を感じて、ガッカリしてしまうのもわかります。

この時点で、興味を失ってしまうこともあるでしょう。

ただ、食に関していえば、あなた自身がそれほどグルメではなくても、FacebookやInstagramで友達が食べたお料理やスイーツを見ているうちに、情報が蓄積されているはずです。

それに、女子会で行くお店は、味、サービス、お店の雰囲気、コストパフォーマンスなどを厳しく審査し、最高のお店をチョイスしていますよね。

だから、女性とコンスタントにデートをしている男性や、食にかなりのこだわりがある人でなければ、女性を満足させるお店を選ぶのは至難の業なんです。
それに……付き合うかどうかわからない男性との食事は、SNSに投稿しないでしょ!?

本命ができたときに、「これ、誰と行ったの?」ってたずねられて、気まずいムードになるのは避けたいですよね。

どうせSNSに投稿しないんだから、オシャレ居酒屋でいいんですよ!

「素敵なお店は知らないけれど、また会ってもいいな」と思うなら、あなたがお店を選べばいいの。

「次は、このお店に行ってみるのはどう?」とか、「○○くんと行きたいお店見つけたから、URL送るね!」と言って、男性に予約させちゃいましょう。

《今日の教訓》
デートの食事はSNSで自慢するものではない。
行きたいお店をリクエストして、次のデートにつなげよう。



WRITTEN BY 婚活女史ユノ

婚活女史ユノ
毎月必ず1回は婚活パーティーに通っている婚活女史ユノ。 これまで挑戦した婚活は、100人規模パーテ...