好きな人に嫌われたくなくて、言いたいことが言えない……。

そんな経験は、ありませんか?

たしかに、余計なことを言わなければ嫌われずに済みますし、付き合いやすい人だと感じてもらえそうですよね。

だけど、ちょっと待って!

相手に非があるのに許してしまうと、だんだん恋愛がつらくなってしまいますよ・・・・・・。

今回は、恋愛で我慢ばかりしている人や、「いい子」になってしまう人が、もっと良い関係を築くための恋愛心理学をお伝えします。
dc78a787872e5af1f1a59d4390b2ea8c_s
photo出典:AC無料画像

・彼の都合で会えないとき、あなたならどうする?

7171867273b37059d53dcf35f08b6a8d_s
photo出典:AC無料画像

デートの約束をしていたけれど、相手の都合で会えなくなってしまった。

そんなとき、あなたならどうしますか?

「わかった」と言って受け入れる人、「会いたかったのに」と不満を言う人、「埋め合わせをしてくれるならいいよ」と答える人など、さまざまな反応があると思います。

このうち、どの行動をとれば「正解」というわけではありません。

むしろ、「正解」を探してしまう人こそ、危険なのです!

寛容な態度が引き起こす「悲劇」

e4e03e082619ea013d496285cc6d5a15_s
photo出典:AC無料画像

相手の都合でデートがキャンセルになる場合、相手に非がありますよね?

それを責めずに受け入れるのは、寛容な態度だといえます。

ある出来事が起こったときに、その原因や責任が相手にあると考えないことを、心理学では「寛大な帰属」と呼んでいます。

この場合では、恋人がデートをキャンセルしたのは仕方がないことで、恋人が悪いわけではないと考えます。

仕事でトラブルが起こってしまったなど、まったく恋人が悪いわけではない場合もあるでしょう。

だけど、あなたにも非はありませんよね?

ここで重要なのは、「相手に非がなく、むしろ、自分が悪いと考えていないか?」ということです。

・不満があるときは、ハッキリと伝える

92180f0771cda4e12719fbb7b2fb58bf_s
photo出典:AC無料画像

相手の仕事が忙しくて会えなくなった場合、責任は相手にあるはずです。

ところが、「忙しい時期に会おうとした自分が悪い」とあなた自身が考えると、責任はあなたにあるということになってしまいます。

すると、相手は自分に非があると考えなくなり、同じようなことが起こっても申し訳ないと思わなくなったり、埋め合わせをしなくなる可能性があります。

他にも、恋人に仕事のイライラをぶつけられても、「この人が悪いわけじゃない」とか「イライラさせた自分が悪い」と思ってしまうなど、さまざまな場面で「寛大な帰属」が働くことがあります。

こういったことが続くと、恋人の態度が大きくなり、あなたは我慢ばかりしなければならない関係になってしまいます。

そうならないためにも、「会えないのは仕方ないけど、寂しいな・・・・・・」とか、「会えない分の埋め合わせをしてね」というように、自分の気持ちをハッキリと伝えることが大事です。

相手を必要以上に責めるとケンカになるので、サラッと伝えるのがポイントです。

「自分が悪い」と思って波風を立たせないようにするのではなく、ふたりの問題として取り組むことが肝心です。

ついつい我慢してしまう・・・・・・という人にとっては、勇気がいることかもしれません。

ですが、自分自身が幸せで満足できる関係を築くために、気持ちを伝えてみてくださいね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆◆婚活で使える心理学を学びませんか?◆◆
ワークブック「ココロの婚活ノート」を使って、婚活でリアルに使える心理学講座を開催しています。次期は5月より大阪と和歌山で開催します。
詳細は、ホームページをご覧ください。



WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
恋愛カウンセラー美濃部由紀が、恋愛相談バーを大阪で開催します。 詳しくはこちら https://...