バレンタインが終わったら、ホワイトデーですね。

何を贈ったらいいのかわからなくて、「何が欲しい?」とダイレクトにたずねる男性も多いと思います。

そんなとき、「何でもいいよ」と答えていませんか?

今回は、心理学を使った3つのおねだりテクニックを紹介します。

ぜひ、あなたのキャラに合った心理テクでおねだりしてみてくださいね!

1. 小悪魔タイプの駆け引きおねだり

N745_onegaiyurushite_TP_V (1)
モテる男性との駆け引きにおすすめのテクニックは、「ドア・イン・ザ・フェイス」です。

最初に断られそうなお願いをした後に、小さめのおねだりをするというテクニックです。

断ることで罪悪感が生まれるので、小さなおねだりを叶えてあげたくなるのです。

《例》
男「ホワイトデーは、何が欲しい?」
女「行きたい場所を言ったら、連れていってくれる?」
男「うん、いいよ!」
女「ハワイに行きたい!」
男「え、ハワイ……は、無理かな……」
女「じゃあ、パンケーキを食べに行きたいな」
男「それならいいよ。いつがいい?」

というように、デートの約束を取り付けられそうですよね。

2. 「いい子だな」と思わせる小さなおねだり

小悪魔タイプとは正反対の方法が、「フット・イン・ザ・ドア」というテクニックです。

これは、「OK」をもらいやすい小さなお願いから始めて、次第に大きなおねだりをするというものです。

《例》
男「ホワイトデーは、何が欲しい?」
女「チョコレートがいいかな」
男「それでいいの? どこのチョコレートが欲しいとかある?」
女「○○の近くにある、△△っていうお店のチョコレートがいいな」
男「そこなら、すぐに買いにいけそう。でも、チョコだけでいいの?」
女「そうだなぁ。そのチョコに合う××のコーヒーが飲みたいかな」
男「それなら、チョコとコーヒーをテイクアウトして、一緒に食べようよ」

というように、すぐにクリアできるお願いを繰り返すことで、「この人の願い事は叶えてあげやすい」と印象付けることができます。

すると、少し大きなおねだりをしても、叶えてもらいやすくなりますよ。

それに、最初のお願いが小さいほど、「いい子だな」と思ってもらえそうですよね!

3. 男性の教えたい欲を刺激するおねだり

63efb486b69674b0ca39c03d02b7d89c_s
男性は女性に比べて、知識や経験について人に教えるのが好きな傾向があります。

さらに、「すごーい!」とか、「知らなかった!」と言われると、「もっと、いろんなことを教えてあげたい」と感じて、自発的に行動を起こすようになります。

ですから、ホワイトデーに欲しい物をたずねられたら、「最近、焼酎に興味が出てきたから教えてほしいな」というように、相手が得意な分野や好きな物について「教えて」とおねだりするのがおすすめです。

いかがでしたか?

これらのテクニックは、欲しい物をもらうために使うというよりも、コミュニケーションを楽しむためのものです。

思わず男性が叶えたくなるようなおねだりテクニック、使ってみてくださいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆◆心理学を使って婚活をしませんか?◆◆
心理学で自分の結婚観を明確化して、自分に合った婚活をしましょう。
ワークブック「ココロの婚活ノート」はホームページで販売中。このノートをテキストとして使った心理学講座を大阪・和歌山で開催しています。
詳しくは、ココロの婚活ノートホームページをご覧ください。

WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
心理カウンセラー 日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー。 ストレスで心身のバランス...