好きな人ともう一歩近づくための「報酬」とは?


出典:Pixabay

気になる彼ともう一歩進んだ関係になりたい。

どんな接し方をしたら、特別な存在になれるのかな?

 

恋愛関係だけでなく、同じ職場の人や友達などと親しくなるには段階があります。

今回は、段階に応じた接し方を心理学で解説します。

・好きな人との距離によって、与えるモノが違う!?

人が他者と関係を築くとき、情報や賞賛、愛情を受け取ったり、与えたりします。

仕事であれば、サービスに対して金銭を受け取る(または支払う)といったことがあるでしょう。

これを社会的交換といい、そこで得られるものを「社会的報酬」と呼びます。

社会的報酬とは、刺激的報酬と感情的報酬の2つの種類があります。

その大きな違いは、相手との関係性や距離感です。

つまり、その人との親しさによって、もらってうれしい報酬が違ってくるということです。



・恋愛初期に彼のアクションを待ってはいけない理由とは?

まだ親しくない相手との関わりで得られるものを、刺激性報酬といいます

刺激性報酬は、他者(自分以外の人)の存在や働きかけによって得られるものを指します。

 

初対面の異性に出会う合コンを例にとって説明します。

 

他者の存在・・・・・・男性が隣(または前の席)に座る

 

他者による注視・・・・・・男性に見られる、目を合わせて話してくれる

 

他者の反応・・・・・・自分が話したことに相手が応えてくれる(相づち、質問、意見を言うなど)

 

他者の働きかけ・・・・・・相手から話しかけてくれる

 

目の前にいる男性が、あなたの目を見て話してくれて、「その服、似合ってるね」と言い、さらにあなたが話した内容に質問してくれたりすると、その人に対して好印象を持つのではないでしょうか。

ただ、初対面なのにプライベートな質問をしてきたり、話すときの距離がやたらと近かったりすると警戒しますよね?

 

それは、この段階ではまだ相手との信頼関係が築けていないからなのです。

ですから相手の反応を見てバランスをとることが大事ですが、刺激性報酬を与えずに待っているだけでは距離が縮まりません。

 

会う機会をつくったり、連絡をとったりと、アクションを起こすようにしましょう。

・「寂しいな」と感じさせたら、深い関係になれる可能性あり!

ある程度親しくなったら、次は感情性報酬を与える段階に移ります。

感情性報酬とは、尊重、賞賛、同情、愛情といった感情を与えることです。

 

たとえば、好きな人の意見を否定せずに最後まで聴く、頑張っていることを褒める、仕事の愚痴に共感する、好きな気持ちを伝えるといったことです。

ところで、友達に話を聴いてほしいと思っていたのに、「忙しいから」と断られて寂しくなった経験はありませんか?

このように親しい人から感情の報酬が得られないと寂しさを感じ、与えられると心が満たされるものです。

なので、あなたがいなくて寂しいと好きな人が感じるようになれば、関係が進展しやすくなります。

好きな人との距離を縮めるためには、「今は、どんな報酬を与える段階かな?」とふたりの関係を客観的にとらえて、少しずつ与える刺激や感情を変えていくといいでしょう。



美濃部由紀

WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
1月20日(土)に新宿で婚活女性向けの1DAY集中心理学講座を開催します。 詳しくはこちら ht...