★無料会員だけが読める! ウラスピナビ的新月満月情報のメルマガ登録はこちら!

 

ども。古今東西運命学探求家CHAZZです。

最近すっかり定着した「断捨離」という言葉ですが、ウィキペディアでは「人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方、生き方」と定義がありますね。

では、断捨離に関して運命学的な見方から「捨てるべきモノ」に関してお話していきたいと思います。
「運」という観点から見れば、恋愛運や女性力アップに関して良くないモノってあるんですよ。

ただ最初に断っておきたいのは「断捨離」という言葉に縛られてしまっている人も多いということなんです。


出典:無料画像素材写真AC

● 「断捨離」への間違った過度な依存

「断捨離」もこだわりすぎれば一種の依存的な状態になっていきます。
「過度なダイエット」「過度な潔癖症」等と同じように、「過度な断捨離」も結構増えてきているようです。
もともと「こだわり」から解放され快適な人生を送るために「断捨離」をすることが、逆に「断捨離をしなくては……」という意識に変わってしまうことは残念です。
また断捨離のやりすぎは逆にやる気を下げるという話もあります。「こだわり」を捨てすぎたら「こだわり」が無くなってしまい人生の向上心が失われるという事も起きているようです。

 

●断捨離で大事なのは本当に「捨てる」ものと「残す」ものを分けること

本来、身軽になるということは捨てても良いはずのものに執着していることです。
それでは、人生を前向きに進むエネルギーも遮られてしまいます。
だからと言って何でもかんでも捨ててしまっていては自暴自棄と変わらなくなってしまいます。
つまり、本当に捨てなくてはならないものを見極めることが大切です。
実は、これは「新しい恋」「次の出会い」に向かいたいと思っている人にも大切な見極めなんです。
「運」や「出会い」を引き寄せるために障害になっているモノが意外とあります。
その中でも皆さんが、気づいていないモノがあります。


出典:無料画像素材写真AC



●不運な時に着ていた「服」はその「不運の波動」を帯びる

実は「運」ということで言えば、一番気をつけたいのはコレなんですね。
例えば、「彼にフラれた時に着ていた服」、「仕事で大失敗した時に着ていた服」、「精神的ショックを受けた時に着ていた服」などは、その時の「負の波動」を服が受けて残ってしまっています。
そして残念ながら、普通の洗濯で落ちるものではありません。
皆さんも「なぜかこの場所に来るとイヤなことがある」「なぜかこの時間は面倒なことが起きる」という場所や時間には気がつくことが多いかもしれませんが、自分の身に着けている服には気が回ってないことも多いでしょう。
ですが、特に服は直接身に着けているモノですから、その負の波動が強ければ着ている本人に良いはずがありません。

 

●不運を捨てる勇気

そのため、よく鑑定に来られるお客様には「イヤなことがあった時に身に着けていたモノは思い切って捨てましょう」とお話しさせてもらっています。
「そういえば、よく考えてみるとイヤな事が起きるとき、いつもこの服着ているかも」
と、思い当たることがある人は是非思い切って断捨離してみましょう。
特に新しい出会いや恋愛を求めているならば、それこそ勝負服から一新してみるのも良いですよ。

ではでは!

 

★無料会員だけが読める! 「ウラスピナビメルマガ」登録はこちらから!



古今東西運命学探求家:CHAZZ

WRITTEN BY CHAZZ

CHAZZ
西洋・東洋を問わず、あらゆる占術を駆使した総合的鑑定を行う占術界きっての実力派。 占いだけでなくス...