クリスマスにデートの約束をした!
プレゼントは渡すけど、恥ずかしくて気持ちは伝えられない。

あと一歩、好きな人との距離を縮めたい。
だけど、告白をする勇気はない。

そんなあなたの恋をアシストしてくれる救世主がクリスマスカードです!

今回は、男性をドキッとさせるクリスマスカードの書き方をお伝えします。

ax58_chrismascard20111114134130_tp_v-1

・クリスマスカードの基本は、サプライズ!

クリスマスプレゼントは準備していたけれど、カードをもらえるとは思っていなかった。

そんなサプライズが、好きな人をドキッとさせます。

大事なのはメッセージの長さではなく、カードを渡すという行動だということです。

また、友達の誕生日プレゼントにカードを添えるなど、女性にとってメッセージカードは身近な存在ですよね?

それに比べると、男性はメッセージカードを書くことも、もらう機会も少ないものです。

だから、相手がカードを用意していなくてもガッカリせずに、サプライズのチャンスだと思って渡しましょう。

・クリスマスカードはデート中に書く!

クリスマスプレゼントを渡すのは、デートも終わりに近づいてきた頃ですよね。

だからこそ、クリスマスカードはデート中に書くのがおすすめです。

彼がお手洗いに行ったときや、メイク直しタイムなどにサッと書きましょう。

カードを渡したら、「えっ!? いつ書いてくれたの?」と、喜んでくれるはず。

事前に準備していた内容ではなく、その日に起こった出来事や感じたことを書くのがポイント。

デート中に起こったことは、ふたりだけの思い出だからです。

デート後にLINEで送ろうと思っていた内容を、会っているときに伝えるというイメージで。

・気持ちが伝わる3STEPメッセージ

それでは、気持ちが伝わる具体的なメッセージの書き方を解説します。

≪3STEPメッセージの作り方≫

1. 相手の行動
2. あなたの感情
3. 次に行きたい場所

この3つを順番に書けばOK!

恋愛心理では、男性は相手の役に立つことで自分の存在意義を感じるといわれています。

ですから、彼の行動に対してあなたがどう感じたのかを伝えるのがポイントです。

≪メッセージ例≫

一緒にジェットコースターに乗ってくれて(行動)
すっごく楽しかった!(感情)
ありがとう(感情)
次は、USJに行きたいな☆(次に行きたい場所)

最後に、次に行きたい場所を「つぶやき風」で伝えるのもポイントです。

このつぶやきも、男性が女性の役に立ちたいと感じる心をくすぐるテクニックを応用しています。

「一緒に行こう」と誘うのもいいですが、あなたが主導権を握ることになってしまいます。

「行きたいな」のつぶやきに対しては、「喜ばせたい」という気持ちが彼の原動力になり、自分から行き方や日程などを提案してくれるかも。

さらに!

クリスマスカードはその場で読んでもらうことが大事です。

相手のリアクションがわかり、その場で次のデートの約束もできるからです。

ぜひ、今年のクリスマスは、カードで距離を縮めてくださいね!



WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
恋愛カウンセラー美濃部由紀が、恋愛相談バーを大阪で開催します。 詳しくはこちら https://...