★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

・トレンドの「アスレジャー」で、スポーツ好きな彼をドキッとさせる!


出典:無料素材画像 写真AC

アスレジャーとは、アスレチック(運動)とレジャー(余暇)を組み合わせた造語で、ニューヨークを中心に広がったファッションです。
ヨガやスポーツジムなどで着用するウェアを日常に取り入れ、モードなアイテムと組み合わせるのがアスレジャーなのです。
スポーツ好きな彼とファッションのテイストを合わせるには、このアスレジャーを意識するといいですよ。

ヨガやピラティスで着用するようなピタッとしたTシャツにワイドパンツを合わせたり、流行のリブレギンスやスキニーパンツで脚のラインを強調したりと、女性らしい曲線にド彼もドキッとするはず。



東京大学×アルマード共同開発 【3日でとどく!エイジングケア】

・好きなスポーツでわかる、「行きたい!」と思うデートの提案

人は行動や判断を、自分の得意な感覚によって決定する傾向があります。
彼が好きなスポーツから、こんなデートに誘ってみるのはいかが?

《登山をして写真を撮るのが好き》

景色がキレイな場所やSNS映えする写真スポットに誘うのがおすすめです。
山頂に変わった建造物があったり、絶景が広がっていたりするのを誰かのSNSやニュースなどで見ると、自分も行って写真を撮りたいと感じるからです。
また、インスタ映えするサンドウィッチやお弁当を持っていくのも喜ばれます。

《ランニングなどのタイムトライアル系が好き!》

記録をとったり、人と競ったりするのが好きなら、秋に多いマラソン大会に誘うのがおすすめです。
別々に走るのではなく、チームを組んで走るリレーマラソンにグループで参加しましょう。
休憩中にふたりで話せたり、大会の後で温泉に入ったりと、秋のレジャーを楽しめます。

《ヨガやダンスなどのスタジオ系が好き!》

ひとりで黙々と筋トレをするより、楽しく大勢で体を動かすのが好きなら、野外で体験できるスポーツに誘うのがおすすめです。
たとえば、ビーチでのヨガ、SUP、アスレチックなどがいいですね。
「ここでしか体験できない」というフレーズに弱いので、「日本初」などの売り文句があれば強調して!

・運動が苦手でも距離を縮められる方法とは?


出典:無料素材画像 写真AC

気になる彼はスポーツが得意だけど、わたしは運動が苦手……そんなときでも距離を縮めることはできます。
苦手だということを伝えてもいいですが、「わたしにはできない」というように拒否反応を示さないようにしましょう。
そして、「スポーツ観戦なら……」と話題をスライドさせるといいですね。
「詳しくないから教えてほしいな」と言えば会話が弾みますよ。

★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!



東京大学×アルマード共同開発 【3日でとどく!エイジングケア】

恋愛心理カウンセラー:美濃部由紀

WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
1月20日(土)に新宿で婚活女性向けの1DAY集中心理学講座を開催します。 詳しくはこちら ht...