★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

・信用できるのは言葉よりも仕草?

デートに誘いたいけど断られるのが怖いから、友達っぽく誘って様子を見よう。
そんな風に思ってしまうのは、男性も女性も同じ。
だけど、それがすれ違いの原因になってしまうんですよね……。
友達として誘っているのか、それとも恋愛対象としてのアプローチなのかを見分ける方法があります。
それは、彼の言葉よりも仕草を見るんです。

仕草や声のトーンなど、言葉を使わないコミュニケーションをノンバーバル(非言語)コミュニケーションといいます。
それらは無意識にとっている行動なので、本音が表れやすいのです。

それでは、ノンバーバルコミュニケーションの3つのサインを解説します!



顔の表情やジェスチャー

表情や身振り手振りなどのジェスチャー、姿勢、目の動きなどに本音が表れます。
まずは、想像してみてください。
「都合がつけば飲みに行きたい男友達」と、「ふたりきりで会いたい男性」を、「飲みに行こうよ!」と自分から誘います。

誘う言葉は同じでも、表情はまったく違うはずです。
なので、誘われたときはその人の表情をよく見ましょう。

よくわからないときは、「どこに行く?」とか、「そのお店にはどんなお料理があるの?」というように、あなたと食事をしているところを想像させる質問をしましょう。
そのときの表情に注目すれば、彼がふたりで食事に行くのをどれくらい楽しみにしているのかがわかります。

声のトーンや口ぐせ

だけど、異性として意識しているからこそ、緊張を隠そうと目をそらしたり、笑顔が引きつったりすることがあります。
そんなときは、「声」に注目してみましょう。

声のトーン、話すペース、間の取り方などがいつもと同じかどうかチェックします。
普段の会話の延長上で誘っているなら、友達だと思っている可能性が高いかも。
反対に、「えー」や「えっと」と何度も言うのは緊張の表れです。

距離が近いかどうか


その人に対する心の距離が、体と体の物理的な距離に反映されるといわれています。
彼があなたと話すときに、30~45㎝以内に入ってくるようであれば脈アリです。

誘うときに軽く肩をトントンとたたくなどのボディタッチがあった場合も、異性として興味を持っていると思っていいでしょう。

いかがでしたか?
彼の好意を読み取ることができたら、あなたも同じような態度や仕草をしてみてください。
楽しい気持ちを表情で伝えたり、いつもより近づいて話したりすることで、相手もあなたのノンバーバルサインを受け取ってくれるからです。
こうすることで、恋が始まりやすくなりますよ!




新月満月前日に配信のメルマガ⇒クイズに回答してクオカード3000円をGET!プレゼントキャンペーンスタート!無料会員登録はこちら!

恋愛心理カウンセラー:美濃部由紀

WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
1月20日(土)に新宿で婚活女性向けの1DAY集中心理学講座を開催します。 詳しくはこちら ht...