新月満月前日に配信のメルマガ⇒クイズに回答してクオカード3000円をGET!プレゼントキャンペーンスタート!無料会員登録はこちら!

・選択肢は少ないほうがいい!? 人数と恋愛のヒミツとは?


出典:無料素材画像 写真AC

デパ地下の試食販売コーナーで行われた実験です。
2つのブース(AとB)でジャムの試食販売をしています。
Aのブースでは6種類のジャムを、Bのブースでは24種類のジャムを取り扱っています。
どちらのブースのほうが、売上げが多かったでしょう?

人間の脳で同時に処理できる情報量には限界があります。
その許容量を超えると、考えるのが面倒くさくなったり、選択できなくなったりします。

この実験で売上げが多かったのは、Aの6種類のブースでした。

なんと、24種類のブースの売上げの7倍だったそうです!

ただし、通りかかった買い物客が足をとめる確率は、24種類のほうが高かったことがわかっています。

この実験からわかるのは、たくさんの選択肢があるのは魅力的だけど、一度に処理する情報が多過ぎるとどれが欲しいのかわからなくなるということです。





・選択肢が多いと魅力が半減! パーティーの席順でカップルが決まるワケ

選択肢が少ないほうが決断しやすいことから、恋愛でも人数が少ないほうが成功率は高くなるといえます。
また、6種類のジャムのように、合コンでは一度に全員を見ることができます。
すると、「この中だったら、この人が一番話しやすそうだな」と選びやすくなるのです。

一方、人数が多い場合は一度に比べることができず、「いいな」と思う決め手に欠けてしまいます。
婚活パーティーでよく行われる1分間の回転寿司方式の自己紹介は、24種類のジャムがベルトコンベアーに乗って、1種類ずつ流れてくるようなものです。

どんな人がいるのか知らない状態では、「次はもっと好みの人がやってくるかも」と思ってしまうため、ひとりずつ話してもあまり情報が頭に入ってきません。

そのため、最初と最後の人しか印象に残らず、真ん中あたりで自己紹介をした人は不利になってしまいます。
このことから、席順もカップルになれるかどうかに関係しているといえそうです。

・キャパオーバーになる前に自分を印象づける方法


出典:無料素材画像 写真AC

人数が多めの婚活パーティーなどに参加する場合は、男性が情報を処理できるうちに自分を印象づけることが大事です。
処理する情報が多いとキャパオーバーになってしまうので、「この人と仲良くなりたい」という人を先に見つけておき、その人に覚えてもらえるような自己紹介をします。
誰よりも先に話しかけるためにも、立食パーティーやBBQなどの自由に行動できるイベントを選ぶのがおすすめです。
それから、インパクトのある服装で行くのもいいですよ。奇抜なデザインではなくても、真っ白のワンピースなども目立ちます。

合コンでもパーティーでも、相手がキャパオーバーになる前にあなたの情報をインプットさせちゃいましょう!


★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!





恋愛心理カウンセラー:美濃部由紀

WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
1月20日(土)に新宿で婚活女性向けの1DAY集中心理学講座を開催します。 詳しくはこちら ht...