新月満月前日に配信のメルマガ⇒クイズに回答してクオカード3000円をGET!プレゼントキャンペーンスタート!無料会員登録はこちら!

《お悩み》

Mさん 35歳


出典:無料素材画像 写真AC

刺繍や洋服作りが好きで、休日は趣味に没頭しています。
既婚の女友達からは、「出会いがない趣味を続けても意味がない」と言われます。
結婚したい気持ちはあるので、趣味をやめたほうがいいのでしょうか?





ご相談ありがとうございます。

うーん、お友達がおっしゃることもわかるんですが、出会いがないから趣味をやめるというのは極端ではないでしょうか?

もし、Mさんが没頭しているのが趣味ではなく仕事だったら、「同じ職場に結婚相手になりそうな人がいないなら、仕事をしている意味がない。そんな仕事は辞めたほうがいい」と言われたら、あなたは仕事を辞めますか?

ただ、出会いがないのは事実なので、婚活のための時間を捻出しなければなりません。
洋裁や刺繍が好きな男性がいればいいですが、あまり出会いが多い趣味ではないですね。
趣味の時間を減らさずに出会いを増やすためには、ネット婚活をするか、趣味や仕事関係で出会った人に紹介してもらうのがいいと思います。

マッチングアプリや結婚相談所のデータマッチングは、お互いに会いたいと思ったときに成立するので効率的です。
それから、スマートフォンさえあれば空いた時間にできるというメリットがあります。
通勤電車の中やランチタイムの10分を相手の検索やメッセージを送るのに使うなど、すきま時間を活用するといいですよ。

ただし、マッチングアプリや結婚相談所の業界から考えて、35歳の女性はそれなりに数を打たなければなりません。ネット婚活を始めれば出会いが増えるという単純なものではなく、男性と会うまでには時間と労力がかかると思っておいたほうがいいです。

そもそも趣味をやめたところですぐに出会いがあるわけではなく、「趣味をやめた」というだけです。
趣味を続けるにしろ、やめるにしろ、これからどんな婚活をするのか考えておく必要があります。

たとえば、刺繍や洋裁の教室で知り合った女性の男友達や兄弟を紹介してもらうなど、リアルなつながりから男性を紹介してもらえることもありますよ。
趣味が女性向けだからといって、まったくチャンスがないというのはあなたの思い込みかもしれません。

それに、友達に言われたから趣味をやめたって、友達が男性を紹介してくれたり、責任をとってくれたりするわけじゃないんですよね!?
だったら、人の意見を鵜呑みにするのは危険ですよ。

まずは、周りにいる人にアパレル関係やクリエイター、洋裁や刺繍に興味がありそうな男性がいれば紹介してもらったり、趣味で知り合った人に婚活中であることを伝えてみたりするといいですね。

独身男性と出会うためには、労力がかかるものです。男性との出会いが多い趣味ならその労力はいくらか減るものの、今の趣味を続けるなら手間を惜しんではいけません。

《今日の教訓》
趣味をやめれば出会いが増える、というわけではない。






★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

辛口婚活相談:婚活女史ユノ

WRITTEN BY 婚活女史ユノ

婚活女史ユノ
毎月必ず1回は婚活パーティーに通っている婚活女史ユノ。 これまで挑戦した婚活は、100人規模パーテ...