★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

・意見を言う前に、「そうだよね」をつけるだけでこんなに変わる!


出典:ぱくたそ

交渉のテクニックに、「イエス・バット法(Yes,but)」というものがあります。
これは、「そうですね(Yes)」とまずは相手の意見を受け入れ、その後で、「でもこういう方法もありますよね」と続ける手法です。
相手は自分の意見を一度受け入れてもらっているので、「でも~」と言われてもそれほど抵抗を示さず、「そういう意見もあるのか」と前向きに考えようとします。





・「相づち」をあなどるなかれ! 居心地のいい女と自己チュー女の違いとは?

「そうだよね」と相手の意見を受け入れてしまったら、考えを言えなくなっちゃう……と心配する人もいるかもしれませんが、そうではないのです!
「そうだよね」は、「あなたの意見に賛同します」という意味ではなく、ただ相づちを打っているだけだからです。
しかし、相づちをあなどってはいけません!
相づちには、「あなたの話を聴いています」というサインであり、話す側は聴き手が相づちを打ってくれることで安心して話せます。
なので、相づちを打ちながら話を聴くと、「居心地がいいな」とか、「この人とはもっと話したい」と思ってもらえるようになるということです。

・比べるとわかる! 「イエス・バット法」のすごさ


出典:ぱくたそ

ところが、メッセージアプリがコミュニケーションツールの主流になってから、相づちが打てない人が増えているんです!
リアルタイムでLINEのやりとりをしているときは、スピーディーに返事をするために相づちが省略されます。
LINE上ではスムーズでも実際の会話で相づちがないと、話を聴かずに自分の意見を押しつけてくる人という印象を与えてしまうので注意を!

「イエス・バット法」と相づちがないやりとりを比べるとよくわかります。

《例》
彼「仕事が忙しくて、毎日終電で帰ってるんだ」
相づちナシ「週末は休みでしょ?」
イエス・バット法「そうなんだ。でも、週末は休みがあるんだよね?」

相づちナシは、「仕事が忙しい」と言ったことを否定されたように感じるかもしれません。一方、イエス・バット法では否定されたという印象はなく、会話を続けようと感じるでしょう。

彼「うん。土日は休みなんだけど、寝てばかりだよ」

相づちナシ「おいしいものを食べれば元気になるよ!」
イエス・バット法「そうなんだ。疲れてるんだから、寝る時間も必要だよ。でも、おいしいものを食べて、エネルギー補給するのもいいかも!」

このように続ければ、butの提案も自然にできます。

居心地のいい女性になるには、たったひと言の「そうだよね」が大事です。
まずは彼が話したことを受け止めてから、自分の考えを伝えましょう。

★新月・満月前日に配信! ウラスピナビ旬の占いスピリチュアルな情報のメルマガ無料会員登録はこちら!





恋愛心理カウンセラー:美濃部由紀

WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
1月20日(土)に新宿で婚活女性向けの1DAY集中心理学講座を開催します。 詳しくはこちら ht...