★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

・親身になって話を聴くときの落とし穴!?


出典:無料素材画像 写真AC

好きな人が悩んでいたら、親身になって話を聴きたいと思いますよね。
だけど、好きだからこそ、聴き上手になれないこともあるんです。
こんな心理実験があります。

実験協力者をAとBの2つのグループにわけてある問題を出し、各自で答えを考えてもらいます。
Aチームには、「ある囚人が塔から逃げようとしていたときに、ロープを見つけました。ところが、ロープは安全に地面まで降りられる長さの半分しかありません。どうする?」という問題を出しました。
この場合、Aチームの34%の人はすぐに答えられませんでした。

一方、Bチームには、「囚人であるあなたは塔から逃げようとしていたときに、ロープを見つけました。ところが、ロープは安全に地面まで降りられる長さの半分しかありません。どうする?」という問題を出しました。
すると、52%の人がすぐに答えられないという結果になりました。





・「自分だったら」と考えるうちに、彼の心を見失ってしまう……

この実験から、問題は自分の身に起こっていることだと考えると、答えを出すのに時間がかかることがわかります。
悩んでいる人よりも第三者のほうが状況を冷静に見ているので、問題の解決法を見つけやすいものです。
好きな人の話を親身になって聴こうとするあまり、「自分だったらどうするだろう」と考えて、解決から遠ざかってしまうこともあるのです。
それどころか、解決策を考えてばかりで、会話中にうわの空になってしまうことも。
「自分だったら……」と考えるよりも、好きな人の辛い思いを汲み取って、その気持ちを理解しようとすることのほうが大切です。

・いろんな解決策を出すことも大事!


出典:無料素材画像 写真AC

ちなみにこの問題の答えは、「ロープをタテに半分に切って結び合わせ、2倍の長さにして下まで降りる」でした。
この答えに不満を感じる人もいるかもしれませんが……そんなときは、ほかの選択肢を考えてみるのがおすすめです。
答えを1つにしぼらずに、いろんな角度から問題を見るのも、聴き上手になる秘訣です。
好きな人が自分なりの解決策を出したとき、あなたの考えとは違うものだったとします。そのときに、自分とは違う価値観を認め、「もっと詳しく教えて」と伝えましょう。
そうすれば、彼は自分が出した答えに自信を持ち、行動に移すことができます。
話を聴いてくれたあなたに感謝して、「もっと一緒にいたい」と感じるはずですよ。


★新月・満月前日に配信! ウラスピナビ旬の占いスピリチュアルな情報のメルマガ無料会員登録はこちら!





恋愛心理カウンセラー:美濃部由紀

WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
1月20日(土)に新宿で婚活女性向けの1DAY集中心理学講座を開催します。 詳しくはこちら ht...