引き出物にもしっかりと意味がある? その歴史やオススメの品とは


出典:無料画像素材写真AC

昔は料理を持って帰っていた?

まず、引き出物という言葉には、「馬を引き出す」という意味があります。平安時代、結婚式の来客には「馬を贈る」風習があり、そのときに馬を引き出して贈っていたことが言葉の由なのです。その後、馬ではなく武具になったり、今では「かつお節」や「かまぼこ」、「砂糖」や「食器」などになったりと「大きく重い物」に価値があるとされました。
そして、引き出物とは新郎新婦からゲストに「感謝の気持ち」を込めて贈るもので、ひと昔前には「披露宴の料理の一部」を持ち帰っていたのです。しかし、今は衛生面の部分もあり、「記念品」を用意するようになりました。



基本は3分の1の金額で……

基本的な引き出物の相場ですが、披露宴の料理や飲み物代の「3分の1」が目安だといわれています。ただ、最近ではゲストによって「贈り分け」をすることが多いとか。ですから、あくまでも目安として覚えておきましょう。贈り分けをする際は、大体「上司」など「年齢が高いゲスト」には「7,000~10,000円」くらい。
「友人や同僚」の場合は「3,000~5,000円」、家族や兄弟は「7,000~15,000円」を目安にしてみてください。夫婦で出席された人に対しては大体「7,000~10,000円」くらいを目安に設定しましょう。


出典:無料画像素材写真AC

何でも贈れば良いわけではありませんよ

基本的に引き出物を選ぶ際にNGだと言われているのは、「重たいもの」です。近場から出席している人であれば良いのですが、「遠方からの人」の場合、重たい荷物は持ち運びが大変。贈りたい場合は、「配送」してあげるなどの思いやりを……。
また、困ってしまうのは新郎新婦の「名前や写真の入った品」とのこと。個性的なものも良いのですが、「実用性」に欠けてしまうという意見が多く、困ってしまう人が多いと言われています。ですから、もし選ぶのなら、「消耗品」であることと「かさばらないもの」を意識してみてください。



以前はしきたりなどが固く決まっていましたが、今では周りが喜んでくれるようなものを贈るようになりました。だからこそ、マナーや金額などをしっかりとチェックして、相手に感謝の気持ちを伝えましょう。

 

占いコラムニスト:水守湊

 

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...