・「おごるのが当たり前」になると、彼の気持ちが冷める!?


出典:無料素材画像 写真AC

ご褒美をもらえるのはうれしいこと……のはずですが、報酬をもらうとやる気が落ちてしまうことがあります。
これを心理学では、「アンダーマイニング効果」といいます。
恋愛でいう報酬はさまざまですが、男性にご馳走してもらうことが女性にとっての報酬だとしましょう。
最初のうちはご馳走してもらえることで、「大事にされている」という喜びを感じられます。
ところがこれが続くと、「デートをして報酬を受け取る」ということが、「報酬をもらえなければやってられない嫌なこと」に心の中で変換されてしまうのです!
すると、たとえ男性がおごってくれても、女性の態度が悪くなってしまいます。
おごってくれなければ、「嫌なことを我慢したのに報酬がないなんて!」と感じますし、ご馳走してくれても相手の欠点が見えてしまい、イライラしてしまうこともあります。
男性はそんな女性の態度に不満を感じて、お互いに気持ちが冷めてしまうことがあるのです。





・記念日だけおごってもらうことで、彼の愛情度がアップする!


出典:無料素材画像 写真AC

とはいえ、人のためにお金を遣うことで幸せを感じられる、ということも心理実験の結果からわかっています。
ですから、彼の気持ちを盛り上げたいときは、おごってもらうほうがいいですね。
普段の支払いはワリカンにして、記念日だけご馳走してもらうというように、「あなたのためにお金を遣う機会」をつくるのがおすすめです。
彼にご馳走してもらったときは、気持ちを込めてお礼を伝えるようにしてください。そうすることで、さらに良い関係が築けます。

・お返しは報酬だから渡しちゃダメ!? 幸せになれるプレゼント術とは?

お返しとしてちょっとしたプレゼントをするのも悪くないですが、それでは彼に報酬を与えたことになってしまいます。
それよりも、「記念日にご馳走する」という自分の行動によって、あなたを喜ばせることができたという「効果」を感じられたほうが男性はうれしいのです。
どうしてもお返しをしたい場合は、プレゼント交換をするのが◯。
お互いが相手のためにお金を遣うので、幸せを感じることができます。マンネリを防止するのにも効果的ですよ。

いかがでしたか?
デートの支払いがワリカンでも不満を持たず、末永く幸せな恋愛ができるようにお金の遣い方を工夫してみるといいですね。





恋愛心理カウンセセラー:美濃部由紀

WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
1月20日(土)に新宿で婚活女性向けの1DAY集中心理学講座を開催します。 詳しくはこちら ht...