アイライナーはリキッドとペンシルの両方を使う!


出典:無料素材画像 写真AC</span

タレ目メイクで重要なアイテムはアイライナーです。ブラウンを使うと優しい印象になりますが、きちんとタレ目のフレームを作りたいです。そういう時は、ラインがくっきり出るブラックがおすすめです。
上まぶたの目尻から極端に下げず、横に流すことを意識しましょう。リキッドならば、延長したラインをくっきり描くことができます。
下まぶたのアイラインにはペンシルがおすすめです。色もブラックではなく、ブラウンの方がナチュラルに仕上がるでしょう。下まぶたは黒目の外側から、リキッドで描いたラインを繋げます。タレ目のフレームを作るのではなく、ナチュラルに影を作る意識をしましょう。





アイシャドウで丸みを意識!

アイシャドウはブラウン系を使いましょう。上まぶたのアイホール全体にハイライトカラーを乗せたら、二重の幅(一重・奥二重の方は、目を開けた時にラインが見える程度)に、ミディアムカラーを乗せます。
この時、もともとツリ目の方が目頭側と同じ面積を目尻まで色を乗せてしまうと、タレ目メイクから少し離れてしまいます。目を丸く見せるよう、目頭側にボリュームを持たせ、目尻側は控えめにしましょう。
下まぶたの目尻側にはすでにアイラインを入れていますが、上からダークカラーのアイシャドウを乗せても良いでしょう。色持ちが良くなります。ブラウンのアイライナーが無い場合は、アイシャドウを乗せても同様の効果が期待できます。
下まぶたの目頭から黒目の下には、ハイライトカラーを入れましょう。目尻を重く見せているので明るい色を入れると際立ちますし、目がキラキラして可愛くなりますよ。

目尻のマスカラはたっぷり下向き


出典:無料素材画像 写真AC</span

仕上げのマスカラですが、目を大きく見せるためにもきちんとカールしましょう。そこでさらに一工夫!
上まぶたの目尻側には特にたっぷりマスカラをつけます。その時、下から上へ持ち上げるだけでなく、まつ毛を下げるように上からブラシをあててください。目頭から黒目の上のまつ毛は上向きに、目尻側のまつ毛は下向きにするようにすると、タレ目になります。
下まつげも、目尻側にたっぷりマスカラを付けてくださいね。

アイメイクにちょっと一工夫するだけでがらりと雰囲気が変わり、愛され顔になります。タレ目メイクをすると鏡を見た時に優しい顔になっていて、イライラした気持ちが収まります。さらに相手を癒すこともできます。
目がキツイから、可愛いメイクやファッションが似合わない……と諦めていた方も、ぜひチャレンジしてみてください! 新しい可能性が広がる手助けとなれば嬉しいです。





恋愛メイクライター:花梨

WRITTEN BY 花梨

花梨
コスメの情報を漁っているとあっという間に一日が過ぎてしまう日々。いつまでも可愛くいたいという願いを持...