ホワイトデーやお花見など、華やかなイベントの多い春が始まっていきますね。それと共に、デートで出かける時には新しいリップカラーで雰囲気を変えたいものです。
デートにつけていける恋愛運アップも期待できるピンクリップ選びのコツや、色持ちを良くする方法をご紹介します。参考にして、彼に可愛いと思ってもらいましょう。

あなたに似合うピンクはどれ?


出典:無料素材画像 写真AC

春のデートに使いたいカラーといえば、華やかで恋愛運もアップするピンクです。そのピンクを選ぶ時、どのように選んでいますか?
お肌の色は人それぞれ違います。コーラルピンクならば無難だろうとつけている方、ちょっと待って! もしかしたら、青みがかったローズピンクの方が似合うかもしれません。
ピンクだけでも他にさまざまな種類があります。白みがかったシェルピンクや、赤みの強いチェリーピンクなど、とても細かく分類されています。





イエローベースとブルーベース

肌の色は「イエローベース」と「ブルーベース」の2パターンに分けられます。
イエローベースは、手首の内側に透ける血管が緑色に見え、日焼けをすると肌が黒くなりやすい方、ブルーベースは、手首の内側に透ける血管が青色に見え、日焼けをすると肌が赤くなりやすい方です。

コスメカウンターで診断してもらうと確実です。イエローベースの方はコーラルピンクやサーモンピンクなど肌に馴染む色が似合い、ブルーベースの方はローズピンクやチェリーピンクなど青みがかった色が似合うとされています。
自分の肌の種類を知ることで、似合うリップカラーを選ぶ時に参考になりますよ。

デートならば色を長持ちさせたい!

食事をしたり、キスをしたり……デートは常に唇を使うけれど、頻繁に直しには行けません。そう言った時の色の長持ち方法にはどのようなものがあるでしょうか?

〈二度塗りする〉
口紅を一度塗ったあとにティッシュオフしましょう。表面の油分が取れ、色が唇に馴染みます。そのあと、もう一度口紅を塗りましょう。持ちだけでなくツヤも発色も兼ね備えたメイクになります。

〈ティントタイプを使う〉
ティントは、唇を染めてしまうリップメイク用品です。染めると言っても、きちんとクレンジングすれば落ちます。ティントを使うことでカップに色が移りにくくなり、色持ちも抜群です。食事をしてもキスしても落ちにくいので、メイク直しの回数も減らせます。

メイク直しの極意!


出典:無料素材画像 写真AC

トイレで化粧直しをしていると、だんだん口紅がヨレて、小さな塊が唇のアチコチに! ティッシュで強く拭くと、荒れて余計に塊が増えるだけ……。パウダールームで泣きたくなることもありますよね。
そのような時はスティックタイプではなく、柔らかいクリームタイプのリップクリームの出番です。たっぷり取って唇にのせます。少し時間をおいて、ティッシュで上からそっと押すようにして拭き取ります。ゴシゴシ擦らないようにしてください。
保湿しながら綺麗に口紅が取れるので、唇も潤って一石二鳥です。

まだまだ乾燥する季節、うるうるピンクの唇でデートを楽しんでくださいね。





恋愛メイクライター:花梨

WRITTEN BY 花梨

花梨
コスメの情報を漁っているとあっという間に一日が過ぎてしまう日々。いつまでも可愛くいたいという願いを持...