冬のコーディネートには欠かせない「マフラー」。柄でオシャレを演出するのも一つの手ではありますが、他にも結び方でオシャレに見せることができますよ。今回は、カジュアルでも、通勤時でも使える結び方をご紹介いたしましょう。コレをマスターすれば、気になる異性も目を奪われてしまいますよ。


出典:無料画像素材写真AC

シンプルデザインが鍵【キャンディー巻き】

このマフラーの巻き方は、「シンプルなデザイン」ほどコーディネートにも合わせやすく、「甘すぎない印象」を相手に与えられるのです。その巻き方ですが、まずマフラーの真ん中に「結び目」を一つ作りましょう。そして、結び目を前側にして一周巻きます。そして、左右の余った部分を「結び目に通して」逆側へと引き出してください。最後に形を整えるだけで完成です。何度か挑戦してみて、練習すればすぐにできるようになりますよ。この結び方は、「カジュアル系」が好きな異性も、「コンサバ系」が好きな人にも好評だという部分。ふっくらしているので、小顔効果も期待できそうですよ。




どんな服装でもOK!【後ろ巻き】

巻き方が簡単で、どんな服装にも馴染んでくれるのが、このバック巻きになります。この巻き方は、一度「一周」巻きつけましょう。そうしたら、顔の前で軽く結んでください。ふんわりと結んでおくとベストです。結び終わったら、その結び目を「首の後ろ」に来るようにマフラーを回してください。コレで、後ろ巻き完成です!そこまで手間もかかりませんので、オススメですよ。「顎が隠れる」暗い、ざっくり巻いておくと、「小顔効果」も期待できます。「チェック柄」など、柄が付いているマフラーを巻くことで、コーディネートのポイントとしても引き立つでしょう。


出典:無料画像素材写真AC

上品さを出すならこの結び方がオススメ【ネクタイ巻き】

可愛さよりも、上品さが欲しいという人なら、このネクタイ巻きがオススメですよ。スーツや通勤のコーディネートにも合いますし、カジュアルな服装でお出かけするときにも重宝します。この巻き方は、まず、片方を長めにしておきます。そして、長い方が上に来るように、短くしたマフラーに「長い方」を巻きつけましょう。「二回」交差させたら、余った長い方を首の輪に向けて、「下から上へと」通します。引っ張ったら、巻きつけ部分に「差し込んで」ください。そして形を整えたら完成です。「結び目」を広げると「ボリューム」が出て可愛らしくなりますし、上品な印象を周りに与えますよ。


結び方さえ覚えておけば、色々なコーディネートのアクセントとして使えますし、異性の視線も自分に引きつけられるでしょう。

 

占いコラムニスト:水守湊

 

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...