好きな人ができて、もうすぐ付き合えそう。
マメに連絡が来るから安心だけど、束縛しそうなタイプのような気もする……。
「束縛」に定義はなく、自分では束縛をしていないつもりでも、相手が息苦しく感じてしまうことがあります。
また、連絡をとらないからといって、「好きじゃないんだ」と疑われるのがツライという人も。
ストーカーやDV、モラハラなどは論外ですが、「好きな人を束縛してしまう」というのは、どういった心理なのでしょうか?
今回は、束縛の裏にある心理を解説します。

・恋人ができたら束縛したくなるのは当然!?


出典:無料素材画像 写真AC

好きな人に自分だけを見てもらいたい。
そう思うのは、とても自然なことです。
ただの友達なら、大勢で会ったり、たまにしか連絡をとらなかったりしても、それほど気にならないものです。
一方、恋愛関係になると独占したくなり、連絡がないと不安になるのは当然の心理だといえます。
ですが、不安が大きくなってしまうと、恋人を必要以上に束縛してしまうことがあります。
その不安の裏にあるのは、こんな2つの心理です。





・自信がないと束縛してしまうのはなぜ?

恋人に愛されている自信がなかったり、自分に自信が持てなかったりすると、相手が自分から離れていくのではないかと不安になってしまいます。
魅力的な異性が現われたら自分はフラれるのではないかと心配になり、恋人に異性と出会いそうな場所には行ってほしくないと感じるのです。
ただし、自分に自信を持たない限りは、この不安は常につきまといます。
恋人がほかの人と会っていなくても、「愛されている」という自信が持てずにいると、心が満たされないのです。
ですから、束縛しなくても、「重い」と言われてしまうことも…添。
そうならないためには、外見を磨いたり、仕事や趣味、ダイエットなどを頑張ったりと、自分に自信を持てるような行動をとるといいでしょう。

・束縛する人は、実は浮気性の可能性あり!


出典:無料素材画像 写真AC

自分がとる行動を相手の行動として考えることを、心理学では「投影」といいます。
たとえば、あなたが同窓会に行くときに、「学生時代に好きだった人と再会した勢いで、浮気してしまうんじゃないか?」と恋人が疑ったとします。
それはつまり、「その状況になったら浮気をするかもしれない」という心を、あなたに投影しているのです。
ですから、恋人のことは束縛するけれど自分は浮気をしている……という場合もあるので、異性がいそうな場所に行くのを強く止める人には注意したほうがいいでしょう。

・お互いに束縛しない関係を築く方法

自信が持てない人と良い関係を築くためには、相手が満足するくらい愛情を示すといいですね。
「こんなに好きなのだから安心してほしい」という気持ちを込めて、言葉や態度で愛情表現をします。
また、モテるタイプで浮気の恐れがある場合は、コミュニケーションをとることが肝心です。
すると、会話から浮気がバレるのを恐れて、浮気をするのが面倒だと感じるようになるはず。
いずれの場合も大事なのは信頼関係を築くことです。
同窓会や異性がいそうな場所に行くときも、「楽しんできてね」と快く送り出せる関係を目指しましょう。





恋愛心理カウンセラー:美濃部由紀

WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
1月20日(土)に新宿で婚活女性向けの1DAY集中心理学講座を開催します。 詳しくはこちら ht...