異性と一緒にいる中で、やはり相手に自分の気持ちを理解して欲しいという思いを抱くのは自然なことです。しかし、自分の胸に秘めているばかりでは、なかなか相手も分かりたくても分からないともどかしい思いを抱いてしまうもの。強がって言ってしまう言葉の中には、異性も苦手としているものがあるのです。それを、ここでお伝えいたします。


出典:無料画像素材写真AC

謙遜したい気持ちは分かるけども……【そんなことない】

異性から褒められて嬉しい気持ちはあるのでしょう。しかし、どうしても素直になれず、「そんなことないよ」と言ってしまう経験は、皆さんあるのではないでしょうか。しかし、褒められて否定されてしまう異性から見て、「後悔」してしまうこともあるのだとか。そのため、褒められた時は、できるだけ「ありがとう」とお礼を言ってみてください。その後に「でも」を付けて自分の気持ちを伝えてみることで、相手も否定されていると受け取ることはなくなるでしょう。否定から入るよりも、まずは「受け止める」ことが大切ですよ。




弟や妹がいる人に多い可能性大!【甘えられない】

一緒にいてくれる異性の前ではしっかりしたいという気持ちを誰しも抱いているものです。その中でも、少し強がって「甘えられない」と言ってしまう人もいるのでしょう。異性側か見ると、少し「残念」だと感じる人が多いのだとか。そのため、できるだけ小さなことでも相手に頼るようにしてみてください。もしくは、正直に「自分は甘えるのが苦手だ」と告げてみましょう。その言葉に相手も、自分に頼ってくれるにはどうしたほうが良いのかと考えてくれるようになりますよ。一緒に悩みに向き合う時間は、2人の関係を深めてくれるポイントになるでしょう。


出典:無料画像素材写真AC

意外と言ってしまいがち【大丈夫】

相手と2人でいる時間の中で、手を差し伸べてくれたときに「大丈夫」と言ってしまう人も多いのでしょう。その一言で返された場合、異性側は少し「素っ気ないな」と感じてしまうのだとか。ですから、意識的に相手に頼るようにしてみてください。自分だけでできることでも、異性にお願いをしてみると、相手も喜んで手を貸してくれるのです。そのやり取りだけでも、2人の関係は深まっていき、自然と絆も強くなっていきます。普段の生活の中から意識をしておけば、違和感なく相手に頼ることができるでしょう。

少しずつでも周りに頼るようにしてみると、あなたの魅力も磨かれていきます。また、異性からも興味を向けられますので、少しだけ意識をしてみてください。





占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...