婚活は楽しいことばかりではありません。
いや、むしろ、「楽しいことなど何もない」と感じている人も多いでしょう。
だからこそ、婚活を続けるかどうかを迷ってしまうことがあるんですよね。
今回は、こんなお悩みが届いています。

《お悩み》


出典:無料素材画像 写真AC

Mさん 33歳
婚活パーティーやアプリで婚活をしていますが、なかなかうまくいきません。
既婚者には、「婚活をするのが良くないんじゃない? 婚活をやめた途端にうまくいった人もいるよ」とか、「男性も女性も婚活をしている人に素敵な人はいない」と言われて、婚活をやめたほうがいいのかな…と思っています。
だけど、出会いがなくなりそうで怖くて……どうすればいいのでしょうか?





うーん、こういうこと言う人、必ずいますよね。
「婚活をやめた途端にうまくいった」という人もいるし、そういったタイトルの書籍や体験談もたくさんあるので、「やめたほうがいいのかな」と迷う気持ち、とてもよくわかります。

わたしの見解としては、「一理あるけど、それがすべてではない」って感じですね。
たしかに、好きなことをしているときのほうが、恋愛や結婚を意識していない自然体を人に見せることができます。
そんなところに魅力を感じてくれる異性もいるかもしれません。

ただし、独身で結婚願望がある異性と出会えるという保証はなく、もしも出会えたとしても結婚相手に求める条件を満たしていないとか、自分のことを気に入ってくれないとか、そういった問題はあります。
つまり、婚活をやめてほかの出会いを探すのもいいけれど、「婚活よりも効率が悪い」と覚悟しておかなければならない、ということです。

ところで、Mさんはこれまでどんな出会い方で恋愛をしてきたのでしょうか?
まだ婚活をしていなかった頃、出会いは合コンや友達の紹介が多く、すぐにアリかナシか決めるタイプだったのなら、婚活はしたほうがいいといえます

一方、同じ職場やサークル、学生時代の友達や趣味仲間などから恋愛が始まったのなら、婚活をする時間を趣味などにあてるのもOK!
注目すべきは、出会い方よりも恋愛の始まり方です。

恋愛が目的の場で出会ってきた人は、恋愛対象になるかどうかがハッキリしているので、多くの人に出会うのが合っているのです。
恋愛に発展するまでにスピードを求めるので、うまくいけば電撃婚をする可能性だってあるのです!

自分の恋愛パターンを変えるのもいいですが、人に言われたからといって合わない婚活をしたり、無理に婚活をやめたりするとブレてしまいます。

周りの人は、あなたが時間をムダにしても責任をとってくれません。
悲しいけれど、それが現実です。
なので、婚活を続けるかやめるかの2択ではなく、婚活をしながら趣味のイベントにも参加してみるなど、いろいろ試してみるのもいいですね。

自分を知るためにも、活動を広げてみましょう。

《今日の教訓》
婚活以外の出会い方に挑戦するのもいいけれど、人の言いなりにならないこと。





辛口婚活相談:婚活女史ユノ

WRITTEN BY 婚活女史ユノ

婚活女史ユノ
毎月必ず1回は婚活パーティーに通っている婚活女史ユノ。 これまで挑戦した婚活は、100人規模パーテ...