同性同士では気づくことができる相手の本質でも、異性ともなれば話は別です。自分の知らない感覚を持っているからこそ、どうしても見抜けずに苦労をしてしまう人も多いのでしょう。ここで、その異性のポイントを理解しておけば、付き合う前に確認ができますし、幸せを手にする一歩を踏み出せますよ。


出典:無料画像素材写真AC

優しさと優柔不断は紙一重!

基本的に自分から何かを決める時、相手に「どうしようか?」と聞く場面は結構多いもの。その中で、「どっちでもいいよ」という異性は意外といるのではないでしょうか。しかし、それはダメな異性の特徴でもあります。人によっては、その中でも自分の意見を言ってくれる人もいるでしょう。しかし、そのまま決定権を自分に振ったままにしてしまう「優柔不断」な異性がいることも事実。一見「優しい人」だと見えることが多いので、何か大きな決断を迫られたとき、「自分の力」で道を拓くことができないという場合も……。「母性本能」が強い人ほど、このタイプは要注意ですよ。




無意識に相手を比べてしまっているものです

色々な人と知り合い、関わっていくことが多くなっていく中で、異性が「あの人幸せそう」とこぼしたり「友人の知り合い可愛いな」と言ったりと、無意識に「自分と周りを比べてしまう」異性も少し気を付けておいたほうが良いかも。そういった人たちは自分に対してあまり「自信」がないからこそ、こういう発言が多くなってしまいます。そのため、2人でいても雰囲気が重くなってしまいがち。あなたが明るい言葉を発してもなかなか気分を上げてくれないので、一緒にいて疲れてしまいそうです。


出典:無料画像素材写真AC

自信がありすぎるのも困り物……

どうしても自分の周りが気になってしまい、「見栄を張ってしまう」人も意外と多くいます。自分の「欠点」を隠すために見栄を張るけれど、逆に明るみになってしまうということもあるでしょう。こういった部分は、異性よりも「同性同士」の方が分かりやすいため、恋愛になってしまうと途端に見えなくなってしまうのです。これがクセになっている人は、要注意。最終的には「信頼できない」と言われてしまう可能性があります。しかし、ここで「その人を分かっているのは自分だけ」だと感じないように。一緒にいることで、自分の価値を下げてしまう可能性も出てくるでしょう。

意外とダメだと見極めるポイントは、良い部分と近いものもあります。ですから、異性と向き合うときはできるだけ冷静でいることを意識してみてください。




WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...