片思いの人とクリスマスを過ごしたい!
だけど、彼はクリスマスに興味がないみたい。
イルミネーションやデートは、あきらめなきゃダメ?
せっかくのクリスマスだから、一緒に過ごしたいですよね。
たとえ付き合っていても、彼がイベントに興味がなくて寂しい思いをしている人は少なくないでしょう。
でも……だからといって、説得しようとするのは逆効果です!
今回は、クリスマスに興味がない彼とデートを楽しむ方法をお伝えします。

・「クリスマスっていいでしょ!」と説得すると会えなくなってしまう!?


出典:無料素材画像 写真AC

好きな人をその気にさせようと、クリスマスの良いところをアピールしても、余計に気持ちが冷めてしまいます。
たとえその気になっていたとしても、あまりにも熱心に説得されると反発したくなるものです。
そんな心の働きを、「ブーメラン効果」といいます。
あなたにも、こんな経験はありませんか?
洋服や化粧品を買うつもりだったのに、店員さんの押しが強くて、「なんとなく、今回はやめておこうかな」とあきらめたことはありませんか?
これは、「相手の思い通りになりたくない」という心理が働くからなんです。
クリスマスの良さを語るのは、強引に買わせようとしているのと同じだということ。
ですから、クリスマスの話題になったときは、相手の表情や態度を注意深く観察しましょう。
「これ以上は逆効果になってしまいそうだな」と感じたら、別の話題にシフトするのが無難です。





・自分の希望を手放して、相手の要望に合わせる

ブーメラン効果が発動してしまうのは、説得者の態度や主張に不信感を抱いたり、そもそも説得者のことを快く思っていなかったりする場合です。
なので、あなたが何を言っても反発するようなら、少し距離を置くのをおすすめします。
しかし、あなたに嫌悪感を抱いているのではなく、「クリスマスらしいことをしたくない」というのであれば、彼が普段からしている行動に合わせるといいでしょう。
たとえば、彼が焼き鳥とビールが好きなら、「イルミネーションは見に行かなくていいから、おいしい焼き鳥屋さんに行こうよ!」と誘えば、「それなら行こうかな」という気分になるはず。
そうすれば、クリスマスらしい内容ではなくても、デートはできそうですよね。

・大事なのは信頼関係を築くこと


出典:無料素材画像 写真AC

好きな人に反発されると、「わたしのことが好きだったら断らないはず」と悲しくなってしまいますよね。
だけど、ブーメラン効果が働くときは、人ゴミやロマンチックなムードが苦手など、その人なりの理由があるはずなんです。
言い換えれば、それが好きな人の価値観だということ。
クリスマスだからといって特別なことはせず、家でのんびりと過ごしたいとか、気が合う人とにぎやかに飲み会をしたいといった彼の価値観を尊重することで信頼関係を築けます。
そうして信頼関係を築いていけば、「たまにはお願いをきいてあげようかな」という気分になるので、クリスマスにこだわりすぎないことが大事です。





恋愛心理カウンセラー:美濃部由紀

WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
恋愛カウンセラー美濃部由紀が、恋愛相談バーを大阪で開催します。 詳しくはこちら https://...