パワーストーン? 天然石? 何か違うの?

73f7b9596382590ec8c9866fbfdfff71_s
元々は、先人の方々が古くより魔除けなどで使ったりしてきた天然石のことを、力のある石、不思議な石、何らかの効果のある石として近年ではパワーストーンと呼ばれるようになってまいりました。
勿論、ジュエリー用にカットされた宝石も元々は天然石で、ジュエリー用の宝石もパワーストーンの中に入っています。

パワーストーンといえば、恋愛や金運などの運勢を動かしていく石が思い浮かびますが、今回は恋愛運を向上させていくパワーストーンへ着目してみました。

恋愛にはどんな石がいいの?

恋愛というと、パワーストーンに詳しい方でしたら、ローズクォーツやインカローズを思い浮かべるかと思います。
今回はこの二つのパワーストーンについて語らせていただきます。

ハートを癒してくれる石、ローズクォーツ

e415243e217100f8c589aae66f4fb464_s
ローズクォーツは薄いピンク色の石です。マダガスカル産の物だと、少し濃い目のピンク色の石です。

和名では紅石英・バラ石英とも言われているローズクォーツですが、愛と美の女神であるアフロディーテの石であるとも言われております。

美と愛を象徴するアフロディーテの石という言い伝えは、現代の「恋愛に効果のある石」に集約された効果ですよね。

ただ、ローズクォーツは恋愛に効果のあるというわけではなく、自分磨きをしようとする女性に効果のある石という見方も出来ます。
そして、自分磨きをして女子力を上げた結果として、恋愛がついてくる……自分磨きをするという事は、自分を大事にする、要は自己愛を育む事に繋がります。

自分が大事ではなかったら自分磨きってしようとしませんよね。人間はみな、自分の事だ大事だからこそ、大切にしよう、向上しようという思いを抱いています。

そして、自己愛を育む事により、様々な人間関係、恋愛において、愛を注ぐ事が出来るようになります。
その部分を底上げしてくれる石、そして癒しの力にも溢れた石がローズクォーツなのです。

ただ恋愛の石として見てしまうと断片的になってしまいますが、自己愛を育む石として見ると、奥が深い物になっていきませんか?

薔薇色の人生の象徴!インカローズ

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba
インカローズはロードクロサイトとも呼ばれ、ロードクロサイトはギリシャ語で「バラ色の石」という意味になります。
元々は、インカ帝国が繁栄したとされるアンデス山脈から発見されたことから、インカローズと呼ばれるようになったそうです。

インカローズは自己愛だけではなく、生への喜びももたらし、自分以外の人を愛するという、愛の循環性を持たせる石です。
自己を愛しつつ他者も愛して、前向きに生きていく上において心強い守りとなります。

ローズクォーツにも自己を癒す効果がありますが、インカローズはより強く自己を癒していくことの出来る石です。

また、ルビーと似たようなパワーがあり、富と名声を得る石ともされています。
恋愛もしつつ、仕事もうまくこなしていきたいと考えいる方にぴったりの石かもしれませんね。

ところでこの二つですが、どちらも薔薇の意味のある石であると共に、同じ系統の色であったりもするせいか、肉体へ対してのアプローチも似ている所があったりします。

女性ホルモンなどの内分泌系へと作用してホルモンバランスを整えるので、より女性らしさを引き上げる石でもあります。
女性ホルモンやエネルギーが活性化するので、美肌効果もあるそうですので、

他にもローズクォーツは心臓の働きを助け、血液循環をよくしてくれるので、免疫力を高めたりすることも出来る石とされています。

インカローズの場合は卵巣や精巣に働いてホルモンバランスを高めてくれる他に、自律神経のバランスを整えてもくれるので、身体の不調を改善してくれることも!

まだパワーストーンを手にしたことがない方も、既にいくつか持っているという方も、これを機会に石との交流をより密になさってみてくださいね!

※石の効果に関しては諸説あります。
また身体面の効果の有無に関しましては数々の言い伝えからです。
参考書籍:内科医が書いた「パワーストーン」で健康になる本 より



WRITTEN BY 梛木 赫

梛木 赫
名前:梛木 赫(ナギ・アキラ) 経歴:2012年よりとあるきっかけから過去世を見るようになり、 ...