クリスマスは好きな人と過ごしたいから、ギリギリまで約束は入れない。
だけど、このままではひとりで過ごすことになりそう。
今から、友達を誘っておいたほうがいいのかな。
そんな風に迷ってしまうこの時期。
だけど、ギリギリまで待ったほうが、好きな人がデートの誘いにOKしてくれる可能性が高くなるんです。
今回は、そんなクリスマスデートを実現するための恋愛心理について解説します。

・イベントの前に落ち込む「バースデーブルー」


出典:無料素材画像 写真AC





・クリスマスデートの話の前に……

今年の誕生日のことを思い出してみてください。
誕生日の直前や当日は、楽しく過ごせましたか?
「誕生日なのに、祝ってくれる恋人がいない」とか、「誕生日を忘れられてツライ」というように、落ち込んでしまった人はいませんか?
思い描いていた誕生日と現実のギャップから孤独や虚無感におそわれ、気分が沈むことを心理学では「バースデーブルー」といいます。
バースデーブルーは非常に深刻な問題で、大阪大学の研究によると誕生日に死亡する人は他の日よりも数が多く、自殺に関しては2倍であると発表されています。
これは誕生日に関する調査ですが、クリスマス前になると寂しい気持ちになるのは、バースデーブルーと同じような心理だといえます。

・不安を逆手にとって、デートを成功させる!


出典:無料素材画像 写真AC

それでは、「クリスマスブルー」から脱出するために、早めに友達とのパーティーの約束をすればいいのかというと、そうではありません。
この不安を逆手にとって、恋を成就させやすい状況をつくることができるんです!
学生時代、卒業間際の3学期になって、急にカップルが増えた……ということはありませんでしたか?
その時期になると卒業や進学、就職に対する不安が強くなります。
すると、不安になると人と親密になりたいと感じる「親和欲求」が高まり、恋愛に発展しやすくなるのです。
つまり、「クリスマスはひとりで過ごすかもしれない」という不安が高まっているときほど、「誰かと一緒にいたい」と感じるので、デートの誘いをOKしてもらいやすくなるということです。

・好きな人の不安度と予定をこまめにチェックする!

ところが、不安が高まったときに誘おうと思っていたのに、不安に耐えかねて予定を入れてしまった……となる可能性もあります。
好きな人がクリスマスに対して不安や孤独を感じないということもあるでしょう。
なので、まだクリスマスの予定が入っていなさそうな段階で、不安の強さと予定を確認しておいたほうがよさそうですね。
まずは、「クリスマスに予定がないと寂しいよね?」というように、探りを入れてみましょう。





恋愛心理カウンセラー:美濃部由紀

WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
恋愛カウンセラー美濃部由紀が、恋愛相談バーを大阪で開催します。 詳しくはこちら https://...