年齢を重ねるとともに、出会いが減っていくのは事実。
なぜなら、同年代の男性が結婚して、独身が少なくなるからです。
その中で、結婚願望があって、条件がいい人を見つけるのは至難の業かもしれません。

今回は、こんなお悩みが届いています。

《お悩み》


出典:無料画像素材 写真AC

Rさん 39歳
恋人がいないわたしを見かねた両親が、独身の男性を必死に探しています。
習い事で知り合った人の息子さんや、保険会社の担当者のお客さんの子供など、まったく面識がない人とも会わせようとします。
会う前に断ると、「理想が高い」と言われ、険悪な雰囲気になることもあります。
親がすすめる人とは、積極的に会ったほうがいいのでしょうか?





ご相談ありがとうございます。

Rさんに限らず、親や知り合いの紹介を断る人はいると思います。
そんなあなたに質問です。
なぜ、会う前に断るのでしょうか?
せっかく独身の男性を紹介してくれるのだから、まずは会ってみてもいいんじゃないですか?
会う前に断るのは、何か理由があるはずです。
すごくメンクイで写真が気に入らなかったとか、学歴や年収などの条件を満たしていないとか、そもそも結婚相手は自分で見つけたいか
理由はなんでもかまいません。その理由を自分でわかっていることが大事だからです。

かくいうわたし自身も、親からの紹介はすべて断っています。
その理由は、親とモメるのが嫌だからです。
お互いに気に入って結婚まで進むか、お互いに印象が悪くてお断りする場合は、モメることはないでしょう。
ところが、こちらは気に入っていないのに相手が好意を持ってくれることがあります。
ありがたい話ではありますが、この場合は面倒なことになりがちです。

それまで味方だと思っていた両親が、敵になってしまうからです。
お相手が気に入ってくれているのに、どこがダメなの?
理想通りの人なんていないの! 結婚には妥協も必要よ!
この話を断るなら、自分で結婚相手を見つけて、連れてきなさい!
なんて、言われるわけですよ……。
だから、わたしは親に頼らない代わりに、結婚相談所に登録してお見合いをしたり、婚活パーティーに参加したりしています。
Rさんのために親御さんが必死になっているのは、娘がなんの努力もしていないように見えるからじゃないでしょうか?

もしも、「親や友達と接点がある人がいい」と思っているなら、紹介で会ってみるのもいいでしょう。
だけど、そんなしがらみが面倒だと感じるなら、自分から探しにいかないとダメ!
毎日、忙しそうに婚活していれば、親は口出ししなくなりますよ。

《今日の教訓》
自分で出会いを見つけてくれば、親は余計なことをしなくなる。





WRITTEN BY 婚活女史ユノ

婚活女史ユノ
毎月必ず1回は婚活パーティーに通っている婚活女史ユノ。 これまで挑戦した婚活は、100人規模パーテ...