最近の出会いは、結婚相談所やマッチングアプリなどを使って、たくさんの異性の中から気に入った人を選ぶことができますよね。
ただ、ルックスも収入も良く、結婚適齢期であるハイスペック男子は、ライバルが多いもの。
やっぱり、若くてかわいくないと、男性から選ばれないのかな?

そんな風に感じている女性に、自分に合った男性の選び方をお伝えします!

・年収とルックス、女性に人気があるのはどっち!?

そんな風に感じている女性に、自分に合った男性の選び方をお伝えします!

・年収とルックス、女性に人気があるのはどっち!?


出典:ぱくたそ

マッチング仮説とは、身体的な魅力が同じくらいの異性を恋人に選ぶという説です。
つまり、イケメンは美人を選び、美人はイケメンを選ぶということです。
1980年代に結婚相談所のデータマッチングを利用した研究が、マッチング仮説を裏づけています。
サービスの登録者は、異性のプロフィール(写真、職業、年齢など)を閲覧し、会いたいと思った人に自分のプロフィールを送ります。
お互いに会いたいと思えば連絡先が公開され、その後の行動は登録者に任されます。

まず、デートまでにはこのようなステップがあります。

1. 自分は相手に会いたいが、相手は会いたくない
2. 相手は自分に会いたいが、自分はまだ返事をしていない(約2週間)
3. お互いに会いたいが、電話をした後にデートをしていない
4. お互いに会いたいと思い、デートをした

ステップ1のカップルは全体のおよそ半数で、他のステップに比べると外見的な魅力の差がもっとも大きいことがわかりました。
ちなみに、職業や年齢の差は他のステップとそれほど違いはありませんでした。
つまり、自分よりもはるかに外見が良い人には断られ、外見レベルが釣り合っている人とはうまくいくということです。

そこで……もしも、あなたが外見よりも職業や年収を重視するなら、自分よりも外見レベルが劣る人を選ぶのがおすすめです。
同じくらいのレベルでもいいですが、差があるほうが選ばれやすいからです。





・2番手のイケメンが、意外と狙い目!?


出典:無料画像素材 写真AC

同じく、外見とカップリングについての調査があります。
こちらは、お見合いパーティーをイメージするとわかりやすいでしょう。
ある女性に7人の男性の写真を見せ、魅力度を採点しました。
次に、それぞれをデートに誘ったときにOKしてくれそうかどうかを判断しました。

すると、7人の男性のうち、「喜んでデートに応じてくれるだろう」と女性が予想したのは、外見的な魅力が劣る3人でした。
2~4番目に魅力的だと感じる男性には断られそうだと判断し、一番イケメンだと思った人は、「デートしたい」という希望を込めてOKしてくれると予想しています。
この結果から、パーティーのカップリングでは、デートの誘いにOKしてくれそうな人の中でもっともイケメンだと思う人を選ぶと、成功率が高くなるといえます。

また、「選んでくれないだろう」と思い、2番手のイケメンが敬遠される可能性があるので、その人と釣り合う女性がいないときはチャンスです!

恋愛や結婚は外見だけでなく、フィーリングや価値観、内面の魅力などが関わってきます。
これらはあくまで参考にして、新たな出会いを楽しんでくださいね。





WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
恋愛カウンセラー美濃部由紀が、恋愛相談バーを大阪で開催します。 詳しくはこちら https://...