子供たちの未来が幸せであるようにとは願っても、子供たちが大人になった時の性生活も幸せでありますようにと、具体的に考えたことがある大人はどれだけいるでしょうか。
大人は大人だからといって性に長けているかというと、残念ながら日本の多くの大人たちがいまだに性の初心者です。

日本の性はなぜ、こんなにも疎かにされるのでしょうか。

ほとんどの大人がいまだに初心者

昨今の日本の風潮として、性やセックスを軽視し、そういったものは表向き無いように取り繕う傾向があり、これがとても根深いです。
そんな社会ですから、親ですらセックスに関しては初心者レベルなことも少なくありません。

実際、夜の生活について問題を抱えている夫婦はとても多いのです。

子供のために正しい性教育をと言っても、親にも何が正しいのか、実は分からないのが現状です。

pak105215959_tp_v

学校の性教育で教えていることは?

小学校では、主に男女の身体の成長の違いについて教えています。
中学校では、射精や月経と妊娠・出産について。それから性感染症の予防についても触れます。
高校では、家族計画や避妊、人工妊娠についても教えるそうで、こうみると一見、成長に合わせてそれなりの性教育がなされているようにも思えます。

しかし実は、肝心な部分が完全に抜け落ちていることが分かるでしょうか。

それはセックスについて一切触れていないことです。

どんな風にするのか、なぜするのか、心のあり方はどうあるべきか、セックスでのコミュニケーションはどうしたら良いのか、そういうことには触れられていません。

学校で教えることは、表面的な部分のみ。生身の人間のセックスはそれだけでは成立しません。

結局、AVやメディアでしか学べない

「AVさながらのセックスをする男性はイヤだ」と多くの女性が思いつつも、学校の性教育以外では、AVやメディアぐらいしか参考に出来るものがないのも確かです。女性にとっても、セックスを学ぶ場がほぼ無いのが現状です。

そんな状況で、セックス初心者の男女が出会って、幸せなセックスが出来るかというと、まず難しいのではないでしょうか。傷ついたりして、そのまま恋愛に消極的になることもあります。

よく分からないまま、セックスは特別で秘密のことと思っていると、セックスでのちょっとした失敗は大打撃のように感じてしまうものです。

セックスは特別なものではない

セックスは非日常的なものではなく、できれば日常であることが望ましいです。

セックスは特別なものだ、秘め事だ、という考えが、セックスをどんどん遠ざけてしまい、ちょっと触れただけで傷つくようなものにしてしまいます。

人間の赤ちゃんが、やがて何も考えなくても歩けるようになるように、セックスも経験を積まなければ、それを当たり前のように扱うことは出来ません。当たり前のように扱うことが出来ないということは、それに囚われるということです。

部屋が片付けられない人はずっと、「部屋を片付けなければ」という考えに囚われるのと同じです。

そのようにして多くの大人が、セックスにおける動物的な行為以外の恩恵を知らずに、親になったり年老いたりしています。

子供の明るい性教育のために

子供の明るい性教育のためには、大人はまず自分の性体験を嘘偽りなく見つめ直すべきです。

現状に満足しているのか、諦めているのか、本当は興味があるのか、消極的な理由は何か、反対に積極的な理由は何か、きちんと見つめ直し、やり直し、執着も嫌悪もなく、まっすぐに語れるようになる必要があります。

性をきちんと日常に落とし込んだ大人は、子供に性を語ることが出来るでしょう。
落ち着いて淀みなく、適切な言葉で語る大人の姿に、子供は安心感を覚えてそこに軸を見つけるはずです。

それはメディアに振り回されない目を養うことにもなります。

【元ソープ嬢の森川七樹と、元SM女王様の愛夜(あや)によるコラボイベント】
風俗座談会を開催致します!
風俗嬢の意見を聞いてみたい方、男女ともにご参加できます。ご興味のある方、ぜひご参加下さい。
日にち:2016日10月4日
時間:10時~15時(休憩1時間)
詳しくはこちら
【スカイプでのご相談】
スカイプ通話によるお話、相談を承っています。
詳しくはこちら

WRITTEN BY 森川 七樹

森川 七樹
もりかわ なつき。 元ソープランドで働くソープ嬢。 また、10年以上の主婦経験もあり、家を守...