婚活パーティーや結婚相談所、マッチングアプリなど、男女の出会いの場はたくさんあります。

だからこそ、こんな悩みが増えているような気がします。

《お悩み》


出典:無料画像素材 写真AC

Rさん  33歳
そろそろ本気で婚活をしようと思い、友達に男性を紹介してもらったり、婚活パーティーに参加したりしています。
ですが、全然ときめきません!
パーティーのカップリング投票を、白紙で提出してしまうこともあります。
このままでは結婚できないんじゃないかと不安です。





ご相談ありがとうございます。

「ときめかない」という悩みは、最近増えているみたいですね。

わたし自身もパーティーや合コンに参加していますが、「この人とカップルになりたい!」と感じることは、あまりないです。

ひとめ惚れするようなイケメンなんていないし、「まぁまぁ会話が弾んだ人」とか、「また会ってもいいかも」くらいの人を投票しています。

にもかかわらず、カップルになれないときは、残念でもありホッとしたりして、複雑な気分になります。

そんなときは、気持ちを切り替えて次のパーティーを探しています。

「ときめかない」というのは、「いい男がいない」ってことなんじゃないでしょうか?

つまり、あなたはメンクイなんです。

性格がいいブサメンじゃダメ、イケメンじゃないとときめかない!

違いますか?

そのことを素直に認めて、他の出会いを探すしかないですよ。

ただし、学生時代に同じクラスの男子が好きだったり、職場恋愛をしていたのなら話は別。

出会いから1年ほど経ってから、「好きかもしれない」と感じるくらい時間がかかる人なら、2時間のパーティーでときめかないのは当然ですよね。

もしも、そのパーティーに参加した人と何度も会っているうちに好きになる可能性があるなら、諦めるのはもったいないかも……。

だけど、パーティーで知り合った人と何度も会うためには、カップルにならなきゃいけないんですよね。

好きになるまでに時間がかかる人は、パーティーには向いていないと思います。

サークルに入るとか、趣味が合う友達の友達と仲良くなるとか、職場の人に目を向けてみるというように、パーティー以外で探したほうがときめく人に出会えるんじゃないでしょうか。

それでもパーティーに参加するなら、顔や身長や年収ではなく、「趣味」の欄を見ること。

趣味を通じて仲良くなれそうな人を見つけて、まずは友達になることが結婚への近道かもしれません。

《今日の教訓》
「ときめかない」は、ただのイケメン好きの可能性あり。
好きになるまでに時間がかかるなら、趣味仲間をつくるべし。





WRITTEN BY 婚活女史ユノ

婚活女史ユノ
毎月必ず1回は婚活パーティーに通っている婚活女史ユノ。 これまで挑戦した婚活は、100人規模パーテ...