源頼朝と北条政子の世紀の大恋愛の舞台がここ!


出展:無料写真素材 写真AC

伊豆山神社(いずさん じんじゃ)は源氏や北条氏に崇敬された歴史ある神社なのですが、昔から縁結びの神社として有名。
それもそのはず、島流し状態だった源頼朝が後に妻となる北条政子と出会ったという歴史に名高い出会いスポットだからです! この二人の出会いがその後の歴史を大きく変えていった世紀の大恋愛でした。当時は女性は家が決めた男性と結婚するのが当たり前という時代に、今風にいうならば犯罪者の子である源頼朝と逆境の中で愛を貫いたのが、昔も今も女子に夢を与えてくれます。また、夫婦神が祭られたLOVE運アップの結明神社があることからも、出会い運・大恋愛成就を願う女子が多く訪れる場所なんですよ!

愛の軌跡がところどころに残るラブスポット!


出展:無料写真素材 写真AC

源頼朝と北条政子が実際に忍ぶ恋をしていた神社ですから、今でもその痕跡が残っています。その代表的なスポットが「こしかけ石」です。源頼朝と北条政子が座って愛を語らっていたと言われています。本当に椅子みたいな形ですが自然にできたものだとか!

また、この伊豆山神社のご神木は「椥(なぎ)の木」なのですが、椥は昔から男女の縁を結ぶ木とも言われ、北条政子も椥の葉に二人の名前を書いて大事に持っていたそうです。ロマンチックですよね~?

ちなみに手水舎には紅白の龍がいます。もともと伊豆山には2匹の龍がいると言われていましたが、白龍が男、赤龍が女として夫婦和合や良縁のシンボルとも言われているんです! 神社に入るときは必ずこちらで手と口を清めて入りましょう!





恋愛運が悪くても、乗り越えるパワーと強運をもらえる?

もともと霊山である伊豆山は、あの空海(弘法大師)も修行したことがあるという場所です。多くの武将が崇敬した神社ですから、都会にある縁結び神社に比べるとパワフルな気を感じられます。そういう意味では辛い恋に悩んでいたり、出会い運が良くなかったりと恋愛運に逆風を感じている女子こそパワーを頂けるとよいかもしれませんね。「迷いを断つ」というのがこの神社の秘密のパワーですよ!

この神社は手水舎の紅白龍で身を清めた後は、参道をゆっくり登りながらまず最初に本殿でお参りをしましょう。
本殿でお参りをしたら、ここから伊豆山を登っていきますが途中に縁結びの結明神社本社があります。特に恋愛成就や出会い運を求める人は必ずご挨拶してください。さらに山道を進んでいくと伊豆山神社本宮と呼ばれる祠があります。実はこの神社最大のパワースポットがここです! 龍神のパワーが宿る場です。しばらく周辺でのんびりしているとお山のパワーがチャージできますよ! その後帰りに本殿横にある「こしかけ石」を見学しましょう!

霊山パワーと男女の縁を結ぶ独特なご利益がある神社です。勇気や強さが欲しい女子なら、是非一人で行ってみることをおススメします。友達と一緒にだとパワー半減かも!





WRITTEN BY CHAZZ

CHAZZ
西洋・東洋を問わず、あらゆる占術を駆使した総合的鑑定を行う占術界きっての実力派。 占いだけでなくス...