前回は赤ちゃんの命名に関して、正しい部首の画数の数え方について解説しました。
今回は、出産の前々段階(?)にあたる、恋愛について姓名判断の観点から八田靖彦がお話ししましょう。

時々、高校生や大学生の方から、ご質問や鑑定依頼のメールを頂くことがあります。
内容の大半は「いまつき合っている彼と今後どうなるか」「いつ、結婚相手とめぐりあえるか」など、どんな異性と縁があるのかで、興味が津々なようです。
出逢った異性と自分がどのくらいご縁があるかを、見極める方法をお教えしましょう。

気になる異性との恋愛相性を調べる


出典:無料画像素材 写真AC

まず、自分の姓名の五運(天格、人格、外格、地格、総画)を計算します。
そして、今度は、おつき合いしている意中の異性の姓名の五運をはじき出します。そして、出てきたそれぞれの画数を並べ、お互いが共有している数字(11,21,31など同系統の数も共有数にカウントします)が多ければ多いほど、前世を含め縁は深いと言えるのです。
そしてお互いで共有している画数が吉数であれば、幸せな恋愛をする可能性が高いと言えます。
以前、相談を受けた方のお名前を、例にとってみましょう。





相談者(女性)と恋人の画数で恋愛相性を見る

相談者(女性) 天格 16 人格 24 外格 13 地格 21  総画 37

恋 人(男性) 天格 14 人格 15 外格 23 地格 24  総画 38

相談者の女性、恋人の男性ともに、姓名判断の最大吉数24画を持っています。
女性側にある人格の24は温厚な性格で人当たりが良く、友人、金運、恋愛に恵まれます。
男性側にある地格の24は、恵まれた家庭や熱い友情に恵まれ健康も抜群、不自由のない幼少期~青年期を送ることができます。
人格・地格という幼年期~中年期を支配する格が吉数の人は、概して好人物が多い傾向です。また、共に外格に3系数(13と23) があります。3系数はもともと運が強く、能力やチャンスに恵まれ人生に喜び事が多い暗示がある吉系数です。

女性の外格の13画はひらめきに恵まれ、いつも社交的でリーダーシップをとる人気者です。
男性の外格23は人づきあいの旨い好人物で、人望もありビジネスに於いても切れ味が鋭い大吉数です。
共有している数が2つ以上あり、なおかつそれが吉数ならそのカップルは結婚まで進む確率が高いと言って良いでしょう。この例に挙げたカップルは、他の格を構成する数も比較的吉数が多く、このお二人は幸せな恋愛、結婚に至る可能性が高いと言えるでしょう。

共有している画数が悪い場合(4、9、10、12、14、19、20、22、26、28画など)は、お互いが刺激しあう関係ではなく、傷つけ合い喜びを分かち合う場面が少なく、不幸な結末となってしまう確率が高いと言えます。キャバクラ嬢とヒモの関係であるカップルや、一方がギャンブルに狂っていたり病気がちだったりで、“出逢ったこと自体が不幸”というケースです。

名前の画数は運命を支配している


出典:無料画像素材 写真AC

名前に良い数字を持つに、越したことはありません。

数霊は本人の脳裏に張り付き、運命を支配します。

名前に凶数を持っていても成功を収めている人、相性が悪くても結婚して幸福な生活を送っているカップルは数限りなくいますが、それは、人並みはずれた努力があってのことです。

彼氏や彼女ができたら、現実的な努力をするのも必要ですが、根本的に相性が良いか、相手の名前を見て調べてみるのも良いかもしれません。

読者の皆さんが、素敵な恋愛に恵まれますよう、応援しています。





WRITTEN BY 八田靖彦

八田靖彦
幼少期より日本史に親しみ、日本語の持つ言語的特質に着目。独学で姓名学の研究に入る。 早稲田大学在学...