★無料会員だけが読める! 開運情報! ウラスピナビ無料メルマガ登録はこちらから!

カレー激戦区で常にランキング上位にある「スパイスボックス」のVeganカレーをかきこんだ♪


photo by たっくんKT

今回ご紹介するのは、カレーの激戦区・神田でひときわ人気の高いカレー屋さん。JR神田駅の西口から7分ほど歩いた通り沿いにある「Spice Box(スパイスボックス)」と言う南インドカレーを扱う小さなお店です。シェフは日本人の方で、南インド・ケララ州の5つ星ホテル「Casino Hotel」で腕を磨かれたという経歴の持ち主。

食べログ100名店に2017年から3年連続で選ばれているお店。ここでのカレーは基本野菜のみのルーでチキンが乗ったり、魚が乗ったり、日替わりのカレーがあったりします。野菜と豆のみが乗るカレーはVegan仕様となり、ヘルシーで人気だとのこと。

かなりの期待を胸にお店に訪れました。

 

お店には12時前に到着。20席ほどある店内はもう満席です。近くで働く会社員と思われる方々でいっぱい! 運よく唯一残っているテーブル席に通されましたが、一人客が来たら相席お願いしますと言われました。それほどの人気店です。

入り口前にはすぐに行列ができ始めました。

◆こちらをいただきました!

 


photo by たっくんKT

・野菜とダル(豆)のカレー(中辛) 950円

 

店員さんにベジタリアンであることを告げると、こちらを勧められました。

ルーは野菜だけがベースになっていて、野菜とダルのカレーは純植物性のVegan仕様。メニュー表によれば『一日の野菜摂取量の3分の2(約230g)が一度に摂れる、やさしくもスパイシーなカレー』とのことです。

 

どのカレーにもサラダが付いていて、本来アンチョビソースをかけているそうですがお断りました。充分な量があり、ポテトサラダも乗っておなかのエンジンをかけるのにもってこい。最初に生野菜をモリモリ食べさせてくれるのは、消化も助けてくれることにもなり、とても良いのです。

 

カレーは写真のように、ライスとは別のボールに入ってきます。野菜と豆がたっぷりです! それに複雑なスパイスが結構辛く感じましたが、他にはない旨さ! これが5つ星ホテルのおいしさでしょうか、うまい!やみつきになりそうです。

パリッパリのポテトチップが食感にリズムをくれます。

緑色の刻まれた野菜はパクチー。私は苦手なのでよけて食べました。。

トマトがさっぱりして、時々辛さをやわらげてくれます。

 

ライスは日本のお米「ひとめぼれ」を使用。日本人が食べるカレーには、やっぱり日本のお米が好まれるようです。

真夏に汗だくになりながら食べましたが、今また記事書きながらあの味に惹かれています。また食べたくなっています。最高の一品でした。

 

  • 野菜だけで旨いのは、南インドのカレーならでは


photo by たっくんKT

ベジタリアン率が40%を超えるというインドの中でも、特に南インドはベジタリアンの多い地域。そこで腕を磨いたというシェフだからこそ、野菜だけで生み出す料理のコクの奥深さにもうなずけます。そして日本人のシェフだからこそ、日本人の好む味を再現できるのかなと思いました。

 

実はこの日、店に行ったのは2回目。最初に来たときはすでに13時を回っていて、入店を待つ行列に並ぼうとしたら「もうお米がなくなったので閉めます」と言われてしまいました。非常に残念でしたが、実際食べてみれば、これだけの美味しいカレー出す店なのだから、そんな事態にもうなずけます。

ヘルシーでおいしく、店内はOLさんが多く見えました。リピーターさんも多いでしょうね~。日本人の好みにとっても合う、おススメのカレーがいただけるお店です。

 

 

【お店データ】

スパイスボックス

営業:11:00~14:00&18:00~22:00 日祝休

住所: 東京都千代田区内神田1-15-12 第二斉木ビル1F

電話:050-5592-6518

最寄駅:JR山手・中央線「神田」駅 西口7分、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅3分

地図:食べログサイトより

 

ウラスピナビ編集部オススメ

新生活。初めてのことばかりで不安な時、でも相談する人がいない……

そんなときにはチャットでリアルタイムに相談できるLINEトーク占いを利用してみましょう。

「LINE」のトーク・電話機能を使った占いはテレビや雑誌などの各メディアで活躍中の敏腕占い師さんが勢ぞろい!

今なら初回10分無料で占ってもらえますよ!

LINEトーク占いはこちらから

 

家庭菜園ベジタリアン:たっくんKT

WRITTEN BY たっくんKT。

たっくんKT。
たっくんKT。 自然栽培で家庭菜園や小さな畑で野菜作りを楽しみつつ、ベジの食べ歩きを楽しんでいます...