日本初の寿司ブリトー専門店「beeat(ビート)」でVeganブリトーをキャッシュレス・テイクアウト


photo by たっくんKT

完全キャッシュレスで決済できてボックスに受け取りに行くだけ。そんなヴィーガン寿司ブリトーが神田末広町に登場です!

ネット予約で支払いはクレジットカードかamazon payのみ。

食べるまでの流れをご紹介すると

 

1.サイトでユーザー登録(名前と電話番号のみ)

2.そのまま商品選んで注文

3.そのまま決済

4.SMSでお知らせを受け取る

5.お店に取りに行く

6.おいしく食べる

1~6までの間、誰ともしゃべらず、財布にもさわりませんでした。

こんな食べ歩きレポはしたことない(笑)

 

◆こちらをいただきました!


photo by たっくんKT

・ヴィーガン・パラダイスシティ 時価(取材時は972円)

「罪なき楽園! ベジタリアンブリトー」というコメントがある、純植物性Vegan仕様の寿司ブリトー。

ブリトーを巻いてるのは、お店特製の「ベジシート」とのこと。

マッシュしたひよこ豆と野菜をやさしい酢飯で巻いてます。

ただそれだけ。なのにすっごくウマイ。

結構食べごたえあります。

もうしっかり味もついてて、醤油などにつける必要もなく、包みをむいていけば片手で食べられる手軽さも良いですね。

また食べたい美味しさ、旨さ。リピートしちゃうと思います。手軽さとは裏腹に本格的な”寿司ブリトー”です♪

 

ヴィーガン以外のメニューももちろんあります。魚系、肉系、カニクリームコロッケ入りなんてのもありますよ。

すべて価格は”時価”です。



東京大学×アルマード共同開発 【3日でとどく!エイジングケア】

 

  • 食べてるときも「こんな手軽で良かったの?」と考えてしまう

 


photo by たっくんKT

注文した商品ができると、SMSで連絡が来ます。お店はナイトイベントのフロントみたいな雰囲気のある場所。

店内はいたってシンプル。イートインできるスペースとライトアップされた商品受け取り棚のみ。

 

裏には調理スタッフさんと思しき方が見えますが、あいさつ含め、何も言葉を交わすことはありません。何も気を使う必要がない。こんなの初めてです。

 

SMSで支持された通り、”8番”の棚には注文した商品が置かれていました。プレゼントにもよさそうなオシャレな化粧箱といった入れ物に入れてくださってます。

いっしょにビニールの手提げ袋も置いてくれているので、それに入れて持って帰れます。袋もおしゃれで、どこかの雑貨屋さんで買い物した感じで持ち帰りました。

ブリトーの価格はその日ごとにAIが決める時価だそうです。ちなみにこの日は972円でした。

注文するときドキドキしますね。

 

すべてが、あまり経験のない流れで、食べ終わったあとも何だかフワフワした感じが抜けなかったです(笑)

 

  • 世界の食文化が融合した一品をぜひ体験してください

もともと寿司ブリトーは日本の巻きずしとメキシコのブリトーのスタイルを融合した、アメリカ西海岸発祥のファストフード。

寿司を醤油もつけず、歩きながら片手でブリトーのように食べるというスタイルを確立し、いまやヨーロッパ、オーストラリア、中東にまで広まっているんだそうですね。

ボーダーレスになった世界の食文化が融合して生まれた、手軽で旨いフィンガーフード。

体験しなきゃ損ですよー。

 

【お店データ】

beeat

営業: 11:00~15:00

住所: 東京都千代田区外神田5-6-2-1F

最寄駅:東京メトロ銀座線「末広町」駅 2分、JR山手線・京浜東北線「御徒町」駅 8分

地図:お店のサイトより



東京大学×アルマード共同開発 【3日でとどく!エイジングケア】

家庭菜園ベジタリアン:たっくんKT

WRITTEN BY たっくんKT。

たっくんKT。
たっくんKT。 自然栽培で家庭菜園や小さな畑で野菜作りを楽しみつつ、ベジの食べ歩きを楽しんでいます...