★無料会員だけが読める! ウラスピナビ的新月の過ごし方のメルマガ登録はこちら!

まずは新嘗祭とは?


出典:無料画像素材写真AC

新嘗祭の起源は、実は「日本神話」まで遡るのです。天照大神(あまてらすおおみかみ)が行ったのが始めといわれています。この記述は「古事記」の中に載っているのです。
この新嘗祭はその年の「豊作を祝うお祭り」であり、「しんじょうさい」とも呼ばれて
いるもの。そのため、毎年11月23日に天皇陛下が、神々に豊作の感謝を伝えます。
また、全国各地の神社でもお祭りを開くのです。実際に人が行ったのは「飛鳥時代」からになります。また、1908年辺りから、大祭に指定され「宮中行事」として大切なお祭りとして数えられているのです。

勤労感謝の日と新嘗祭の関係は戦後にあり

元々、新嘗祭が行われる11月23日とは、「勤労感謝の日」でもあります。実は、この
勤労感謝の日は、1948年「GHQ」の占領政策によるもの。それ以前は新嘗祭が開かれていたのですが、アメリカの思惑として国民から天皇の行事を薄れさせたいと考えていたのでは、と言われています。また、他の考えとして毎年農耕での労をねぎらい、神様にその結果を知らせる日だからこそ大切にしていたのではという説も存在しているのです。
どちらも説はありますが、勤労感謝の日の意味を考えることは、新嘗祭の意味や日付を
考えるきっかけにもなるでしょう。


出典:無料画像素材写真AC

新嘗祭に似ている神嘗祭(かんなめさい)

新嘗祭に似ているお祭りが1つあり、その名前も「神嘗祭(かんなめさい)」と呼びます。これは、天照大神がまつられている伊勢神宮に天皇が「お酒」や「穀物」を供える行事
です。時期は10月15~16日で「外宮」、16~17日に「内宮」で行われます。新嘗祭と
神嘗祭の違いは、神嘗祭は「神様に供える」だけであり、新嘗祭は「神様をまつって、
食す」という部分。細かい部分ではありますが、こうして比べてみると、面白い発見が
できるでしょう。そして、こういった祝日が過去にあったと知れば、自然と自分の国への興味が湧き上がります。

 

勤労感謝の日と新嘗祭の調べてみると、それだけ物に対して気持ちを昔から傾けていたのかと感じるでしょう。その認識があると、この日も少し特別なものだという意識が湧き
上がってきます。そこから、毎日が少し色づいていくと感じるのです。

★無料会員だけが読める! ウラスピナビ的新月の過ごし方のメルマガ登録はこちら!

占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...