三の酉がある年は火事が多い!?


出典:無料画像素材写真AC
酉の市は、「11月の酉の日」午前零時にならされる太鼓を合図に始まるお祭りで、一日通して行われる大きなお祭りです。11月の中で、酉の日が2回ある場合と3回の年があり、「火事が多い」といわれています。しかし、これは三の酉の時期になると寒さが増し、火を使う機会が多くなることから「火事に注意」する気持ちから言われているのでしょう。2018年の酉の市は「111日」と「13日」、「25日」の3回行われます。もし、日程が合うようなら、ぜひ足を向けてみてください。行われる神社は、浅草の「鷲神社(おおとりじんじゃ)」と新宿の「花園神社」、東京の府中にある「大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)」になります。



この酉の市の由来は?

威勢の良い声が飛び交うこの祭りは、江戸時代から主に関東で盛んに行われているのです。この酉の市の発祥は、東京の足立区にある「大鷲神社(おおとりじんじゃ)」から。そして、酉の市は「ヤマトタケルノミコト」が勝ち戦を祝い、松の木に「熊手」をかけてお祭りをしたことに由来していると伝えられています。また、始まりは江戸時代の大鷲神社の収穫祭であるという説も……。その説があるからこそ、現在では「開運招福」と「商売繁盛」を願うお祭りになっています。


出典:無料画像素材写真AC

熊手を買うのは幸せをかき集めるため

この酉の市での目玉はやはり「熊手」です。この熊手のお守りは開運や商売繁盛のお守りとして、酉の市で販売されています。一般的には「かっこめ」や「はっこめ」と呼ばれている神様の分身と考えられているとか。また、熊手には金運や幸運を「かき集める」という意味があったり、福をがっちりと「かき込む」という意味をもっていたりしています。だからこそ、特に商売をしている人は行ってみるとご利益があるかもしれません。そして、それ以外の人でも、自分の元へ幸せを呼び込む手助けをしてくれるでしょう。

関東のお祭りの中でもこの時期大きいお祭りになりますので、一度行ってみるのもよいかも?しかし、このお祭りは大変人が多いので、複数人で行く場合ははぐれないように気をつけてください。そして、自分の福を引き寄せて、幸せに近づけるかもしれません。



占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...