★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

バニラのような香りが特徴のアロマ【ベンゾイン(安息香)


出典:無料画像素材写真AC

元々「悪魔払い」に使われていたこのベンゾインは、19世紀のヨーロッパでチンキやローションとしても使用されていた歴史を持っています。名前の由来は、「ジャワ島渡来の香り」という意味。身体への効能は、せきが止まらなかったり、喉が腫れていたりと呼吸器系の痛みを和らげてくれるといわれています。そして、「乾燥肌」に悩んでいる人は、このアロマをローションとして調合して使ってみましょう。保湿に優れているので、肌がしっとりとするとか。また、心への効能は、不安な気持ちを和らげてくれるのです。逆に無気力状態のときには、心を奮い立たせてくれるでしょう。



実は絶滅危惧種の種類も……【サンダルウッド(白檀)

白檀としても有名なこのサンダルウッドですが、実は「絶滅危惧種」に指定されているものです。香料以外にも、「仏像」や「建築」にも使われています。この香りは、基本仏教やヒンドゥー教の寺院で焚かれているものです。そして、サンダルウッドは死者を来世に運んでくれるといわれていて、宗教的な儀式に使われています。この効能は、精神に働きかけてくれるとされ、「気持ちの調和」をもたらしてくれるでしょう。そして、とても心地よい状態を作り出してくれるのです。


出典:無料画像素材写真AC

古代エジプトではイシス神の象徴【ミルラ】

古代エジプトでは、太陽神のために正午にはこのお香を焚いていたといわれていて、イシス神の象徴とされていました。そして、聖書の中では「イエス誕生の贈り物」の1つとして捧げられたのです。それだけ、霊的なつながりが強いこの香りは、心を穏やかにしてくれるでしょう。そして、「不安」を取り除き、夢を現実にするための「架け橋」になってくれるといわれています。

この時期は、次のスタートに向けての準備期間だからこそ、しっかり心身のバランスを整えてみてください。そこから、新しい一歩を踏み出す勇気が心の奥から湧き上がってくるのです。

<出典・参考文献>

・『感じるハーブ あなたの心と身体を変える70の効能』(外山たち著)2005EH春潮社

・『おうちで育てて、おいしく元気!キッチンハーブ』(小川恭弘監修)2015・学研パブリッシング

・『HERB BIBLE人気ハーブの効能と使い方がよくわかる本』(アースプランツオーガニゼーション監修)2005・双葉社

★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!



占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...