★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

このアロマオイルとは?


出典:無料画像素材写真AC

アンブレットシードは、別名「ムスクシード」とも呼ばれていて、動物性のムスクに香りが似ていることから、代替品として使われていたといわれています。また、インドの伝統医学では冷えやむくみなどを治してくれるといわれ、この植物の若葉や青いさやを「スープ」に入れて食されていたとか。そして、種子は「コーヒー」や「お酒」の香り付けとして使用されてきました。動物性のムスクと香りが近いことから、「媚薬」として使われていた歴史もあるのです。



このアロマの効果はリラックス!

ムスクと似ているため、「官能的」な作用が強いといわれています。そのため、心の奥深くまで香りが満たされていき、気持ちが穏やかになっていくでしょう。そして、化粧品会社の研究の中でこのアロマを吸引したとき、「エストロゲン」という物質が上昇したという効果が出ています。この成分により、「美肌」や「髪の豊かさ」を高めてくれるので、自然と「女性らしい」魅力が高まっていくといわれているのです。また、体への効能として筋肉痛や腹痛を和らげてくれたり、血行を良くしてくれたりと効果があるとか……。そのため、浮腫の改善にも一役買ってくれるでしょう。


出典:無料画像素材写真AC

香りの相性が良いのはベルガモット

組み合わせる上で相性が良いのは、柑橘系なら「ベルガモット」、フローラル系であるなら「ジャスミン」や「ゼラニウム」が良いです。また、甘い香りだけだと物足りないのであれば、スパイスである「コリアンダー」を混ぜてみると刺激を得られるでしょう。もし、緊張してしまうと感じているのなら、ローズやネロリと一緒に組み合わせると、心の中に広がる不安もゆっくりと和らいでいきます。深くリラックスしたり、瞑想したりする場合には、「サンダルウッド」や「ベルガモット」と組み合わせてみてください。すると、体もゆったりとして疲れが抜けていくように感じるかも。

ムスクのように甘い香りだからこそ、他のアロマとブレンドして調節してみてください。そこから、自分の魅力も引き出されますし、異性との距離も近づいていく可能性が高くなります。ですから、この先の未来に少しだけ期待してみてください。

<出典・参考文献>

・『感じるハーブ あなたの心と身体を変える70の効能』(外山たち著)2005EH春潮社

・『おうちで育てて、おいしく元気!キッチンハーブ』(小川恭弘監修)2015・学研パブリッシング

・『HERB BIBLE人気ハーブの効能と使い方がよくわかる本』(アースプランツオーガニゼーション監修)2005・双葉社

★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!



占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...