千歳飴の由来は浅草から!


出典:無料画像素材写真AC
千歳飴は、元々江戸時代の浅草・浅草寺から生まれたといわれています。江戸時代、紅白に染めた棒状の飴を浅草寺で「千年」と名前をつけて売り出したところ、評判になったとか。また、他にも「寿命糖」という名前をつけて売ったともいわれているのです。そのため、この千歳飴には「長寿」や「めでたさ」を連想して、七五三のとき子供に贈っていたのでしょう。また、この時代は「甘い物」がとても貴重だったので、子供にも大人にも嬉しい贈り物だといえるのです。



袋のデザインについて

この千歳飴は縁起物だという印象が強いからこそ、袋にも縁起がよいデザインが描かれています。鶴と亀は「鶴は千年、亀は万年」というように、「長生き」を示しているのです。そして、「松竹梅」は「冬でも緑を保っている松や竹、寒さを絶えて一番に花を咲かせる梅」という意味から「健康」や「気高さ」を示しているとか……。また、「寿」の文字はそのまま、「めでたいこと」や「長寿」の意味が含まれているといわれています。それだけ、たくさんの幸せを願っているということなのでしょう。


出典:無料画像素材写真AC

千歳飴の食べ方のオススメはみんなで分けること

実は、千歳飴はサイズが決まっているのです。直径は「15ミリ」で長さは「1メートル以内」だといわれています。そして、この飴は縁起物だからこそ、あまり折らずそのまま食べた方がよいとも伝えられているのです。しかし、流石に1メートルもあるとなると、どうしてもそのまま食べるのは難しいもの。ですから、家族と「分け合う」という方法も吉だといわれているのです。この飴は縁起物だからこそ、「皆で福を分け合う」という意味が込められているのでしょう。こうすれば、兄弟がいる家族でも、喧嘩せずに食べることができます。しかし、どうしても量が多くて食べられないと感じるのなら、煮詰めてキャラメルなどにしてしまうという手もあるとか……

七五三と聞くと、懐かしさがこみ上げてくるもの。そして、幼い頃に食べていた千歳飴にこのような歴史が合ったと理解すると、気持ちも少しずつ明るいものへと変化してきます。そして、一歩ずつ前に進めるような勇気を持てるようになるのです。



占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...