七五三の起源と由来について


出典:無料画像素材写真AC

この七五三の起源は「室町時代」といわれ、元々江戸時代の「武家社会」中心にして、関東から全国へ広まったといわれています。その時代、乳幼児の死亡率が高かったこともあり、この七五三のお祝いは、この歳まで健やかに育ったことの感謝と、この先も元気に育ってほしいという祈りが込められているとか。そして、七五三と呼ばれ始めたのは明治時代になってからだと言われています。現在では、今まで健やかに成長してくれたことに感謝しつつ、この先も「長生きできますように」とお願いするためにお参りに行くという行事として広まっているのです。



七五三の意味は?

七五三は、基本的に男の子は「3歳と5歳」、女の子は「3歳と7歳」をお祝いするしきたりです。それぞれに意味があり、3歳は髪を伸ばし始める「髪置(かみおき)」。江戸時代には、乳児期に髪を剃る風習があり、それを終えて髪を伸ばし始めるのが3歳だといわれています。そして、5歳は「袴着の儀(はかまぎのぎ)」と呼ばれていて、男の子が幼児の服装をやめて、袴を着始める儀式といわれています。これは、主に男の子がお祝いする年齢です。そして最後、7歳のお祝いは「帯解きの儀(おびときのぎ)」と呼ばれています。女の子が紐のついた幼児用の着物をやめて、大人と同じ着物を着始める儀式です。そのため、主に女の子のお祝いとされています。


出典:無料画像素材写真AC

時期としては11月の半ば?

お参りする場合は、家の近くの「神社」に向かうのがしきたりとして残っているといわれています。しかし、現在ではお宮参りをした神社など、ご祈祷してもらえるところでお参りをしている人が多いとか。そして、お参りをする時期ですが、1115日前後といわれています。それは、体の弱かった徳川家光の子供が1115日にお参りをして、その後すくすく成長したことが由来になっているのです。そして、旧暦の15日は鬼が出歩かない人もいわれていて、その日には何をするのでも吉であることもあげられています。

七五三がどうして祝われているのか。そして、そのお参りの意味を知っておくと、普段よりも気持ちが深まる機会も増えていくでしょう。



占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...