★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

ハロウィンの起源はキリスト教?

出典:ぱくたそ

ハロウィンは、古代ケルト人が起源と考えられているお祭りのことで、キリスト教の「万聖節」前夜のお祭りです。この日は、秋の収穫を祝う「収穫祭」を祝っていたのですが、その夜には死者の霊がこの世に戻り、「魔女」や「悪霊」が悪さをすると信じられていました。そのため、秋の収穫を祝うのと同時に、悪霊を追い払う宗教的な意味を持ったお祭りも行われていたのです。そして、時代が進むと共に、古代ケルトのお祭りとキリスト教が混ざり合い現在のハロウィンになりました。



仮装をする理由は仲間だと信じさせること

ハロウィンを楽しむ中で、やはり大切なのは「仮装」です。しかし、なぜこの時期に仮装をして楽しむのか。その理由とは、死者の魂がこの世に戻って来るときに、魔物なども紛れ込むと思われていました。そして、子供や家族を連れて行こうとすると言われていたからこそ、おばけの格好をして悪霊や魔物たちの「仲間」だと信じさせようとしたのです。そして、仲間だと信じた悪霊たちは襲うこともなく、魂を取っていくこともありません。また、別の説では人間たちの仮装の格好を見て、魔物たちが怖がって逃げていってしまうからともいわれているのです。いずれも、「魔除け」の意味合いが強く含まれています。


出典:ぱくたそ

お菓子をくれなきゃ悪戯するぞ!

英語圏では、ハロウィンのときに「Trick or Treat」と言いながら家を回り、お菓子をもらう風習です。この言葉、元々はヨーロッパの習慣が影響しているといわれていて、仮装をした子供たちはさまよっている霊たちのためにケーキをもらいながら家を回るのです。そして、その中で何もくれない家には悪戯をするという形が、今のトリック・オア・トリートの原型になっているのだとか。そして、お菓子をあげる場合は、「ハッピーハロウィン」と言いながらお菓子をあげるのが一般的ですので、覚えておきましょう。

 

楽しいハロウィンも、由来を知れば更に楽しめるようになります。そして、周りの人に教えてあげたいという気持ちも強くなっていくもの。ですから、知りたいと思っている人がいるのなら、話してみるとその人との関係も良くなるのです。

 

占いコラム二スト・水守湊


新月満月前日に配信のメルマガ⇒クイズに回答してクオカード3000円をGET!プレゼントキャンペーンスタート!無料会員登録はこちら!



WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...