「土用の丑の日になるとウナギを食べる」という習慣がありますが、それがどこから来ているのか、実は知らない人が多いでしょう。そして、その由来がどこなのかを今回は明らかにしていきます。知識を入れておけば、目上の人と一緒にいるときに、目をかけてもらえるようになるかもしれません。そして、関係も次第に良くなるでしょう。


出典:無料画像素材写真AC

まずは由来から見ていきます

「土用」という意味をまずは知っておきましょう。中国の陰陽五行説を季節に当てはめて、「春=木・夏=火・秋=金・冬=水」と定めていて、その中で余ってしまった「土」を立春や立夏等から「18日前」を土用と呼んでいるのです。そのため、夏場だけでなく、実は季節の変わり目ごとに「土用」はあるといわれています。日本で夏前の土用が重視されるのは、「梅雨明け」と重なるからです。そして、「丑の日」というのは「十二支」のこと。
昔から、日にちに十二支を割り当てていたため、土用の18日間の中で巡ってくる丑の日を「土用の丑の日」と呼んでいました。





なんで食べるのがウナギ?

夏の土用は、どうしても体調を崩してしまいがち。そして、「暑中見舞い」を出すのも同じくらいの時期でしょう。この時期に、昔の人たちも「精のつくもの」を食べて暑い夏を乗り切ろうとしたのです。夏場にウナギを食べるのを広めたのは、「平賀源内」と言われています。江戸時代、どうしてもウナギが売れず、どうにかしたいと相談された源内。そこで、「丑の日に『う』のつく食べ物を食べれば夏に負けない」と伝えられていることを思い出したのです。そこからヒントを得て「本日丑の日」と書いて店先に貼っておくようにとアドバイス。すると、ウナギが飛ぶように売れたのだとか。そのため、今でも土用の丑の日にはウナギを食べる風習が定着したといわれています。


出典:無料画像素材写真AC

「う」のつく食べ物が実は夏バテに効くかも

江戸時代より、「う」のつく食べ物を食べると、夏に負けないという風習があったといわれています。そのため、「梅干し」や「うどん」、「ウリ」などを積極的に食べていたのだとか。中でも、ウナギは「疲労回復」の効果があるといわれていて、注目されていたそうです。
また、土用の丑の日に「薬草を入れた風呂」に入る習慣も合ったと言われています。一般的には「丑湯」と呼ばれていて、中に「どくだみ」や「緑茶」などを入れていたとか……

ウナギを食べる風習はとても古くからあるのを知っておくだけで、土用が身近に感じられるようになりますよ。そして、夏バテを乗り切る手段を見つけられるのです。





占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...